忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月29日に250万人が参加したゼネスト闘争によって予定より一週間遅らせて2月5日から8日にかけてフランスの労働者街であるサンデニで開催された革命的共産主義者同盟(LCR-第四インターナショナル・フランス支部)の解散総会と反資本主義新党(NPA)の結成総会に招待され出席した韓国の社会主義労働者党準備会メンバーであるアンジョファンさんが、韓国の社会運動情報サイトであるチャムセサンに、詳細なレポートを寄稿している。

社会主義労働者党準備会は、フランスのNPA結成の動き同様に「反新自由主義」と「反資本主義」を一致点とした社会主義革命派左翼の新政党をめざすものであり、現在、労働者階級の力、労働解放実践連帯、社会主義労働者連合などのグループが討論に参加している。

【関連記事】
『Newsweek』日本版最新2月11日号でフランス「反資本主義新党」特集(09.02.05)
【フランス】新しい反資本主義政党の建設に向けて(08.11.24)
韓国"チャムセサン"がフランス"反資本主義新党"結成の取り組みを紹介 (08.11.12)
【フランス】LCRが大会を開催-「反資本主義」を結集軸とした大衆政党建設の道へ(08.02.20)
【フランス】緑の党が「トロツキスト政党排除の統一戦線」を提案(07.08.29)
【フランス】サルコジ与党が過半数を獲得 - 「サルコジ改革」との攻防へ(07.06.20)

::::::::::::::::::::::

フランス、革命的左派の新たな実験

                  LCR解散とNPA創立

アンジョフン(社会主義労働者党準備会) / 2009年02月11日10時18分
http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&id=45394&page=1&category1=38

2009年2月5日から8日まで、フランス・パリ郊外サンデニ・ユーロサイトのコンベンションセンターで、革命的共産主義者同盟(LCR)の解散総会と反資本主義新党(NPA)の創立総会が開かれた。これは、1968年5月闘争の成果として建設されたLCRが40余年の歴史を閉鎖する場であり、NPAの建設を通じて、資本主義社会を乗り越えるための政治的/文化的/世代的展開の新しいテストを開始する席となった。

 ▲ LCRのNPAへの移行は、量的、内容的に拡大を実現した

▲ NPA創立総会に参加した代表団

LCRのNPAへの移行と左派の政治運動の地殻変動はフランスで、また、世界の左派陣営の関心を集めている。韓国でも、今回のLCR解散総会とNPA創立総会において、社会主義労働者党の準備会議と進歩新党が招待を受けて参加しており、そのほかに、21世紀コリア研究所などが参加した。

LCRの歴史的解散: 2つの傾向と2つの動き

2月5日午前10時から行われたLCR解散総会は450人余りの代議員と100人余りの海外の代表団が参加した中で行われた。総会には、 2つの案( A案とB案)が提出されて並列討議の形で、午前と午後に渡って熱い討論が続いた。


2つの案は、LCRの解散とNPAの組織強化についての意見の食い違いはなかったが、新党結成後、第四インターナショナル(トロツキー主義の国際組織)との関係の設定の問題をめぐり、大きな見解の違いを見せた。アラン・クリヴンヌの名が署名されているA案は、多数派の見解として「LCR解散後にNPAの内部に別のLCRグループを作るようにしよう」というものだ。したがってLCRが主体的に参加してきた第四インターナショナルの問題もNPA内で開かれた議論をして決定するという立場だった。

 一方、 B案の提案者の一人であるクリスチャン・ピケは少数派の立場を代弁して、 「LCRの解散のコースに表れているさまざまな問題点を指摘しながら、第四インターナショナルに参加しているLCRを引き継ぐ組織として、'第四インター協会' が必要である」という立場を主張した。これに対し、多数派は、「協会」の設立がNPAが組織的にスタートする時点で、不必要な前後の誤解や混乱を起こす危険があるため、少数派の見解に反対した。

午前と午後の公開の会議の後に行われた夕方の非公開会合で、 2つの財政問題などについての採決が行わなったが、A案が出席代議員の87.1 %の支持を受けた。一方、B案は、11.5 %の票を獲得し、1.4 %が棄権した。このようなLCR総会の最終的な決定は一切の既得権を超えて、 NPAを下から建設するというLCRの往年の闘士たちの断固たる意志を反映したものとなった。

NPA創立:新しくて若い"反資本主義"の動き

NPAの創立総会は、フランス全国から集まった630人余りの代議員たちの参加した中で、 2月6日から2泊3日の日程で、同じ場所で行われた。総会は2月6日午前の全体会議で開幕されましたが、午前の会議には、会議の進行説明、闘争報告(最近の旧フランス植民地カダルルペで起こったゼネストの事例)、NPA建設の経過報告の順に続いた。簡単な経過報告を通じて、NPAが党の基本単位として467の委員会と9123人の党員で結成されたことが確認された。党員のうち、女性の比率が36 %で、新たに出版された週刊紙の読者が11000人を超えたという報告も行われた。

経過報告を証明するかのように、前日のLCR総会よりも多くの参加者たちで会場はいっぱいだった。また、LCR総会がベテランたちの品格のある討論だったとすれば、NPA総会の雰囲気は、若い党員たちの元気で活気ある姿が多く見られた。

経過報告に続いて、全体の政治報告は、過去2002年と2007年の大統領選挙で、LCRの'赤い郵便配達員'候補として浸透してスターに浮上したオリヴィエ・ブザンスノーが登場した。オリヴィエ・ブザンスノは「環境汚染の問題も含めて、資本家の権力を崩すのは、労働者のストライキしかない」とし、「公的資金で、経済危機を克服するのではなく、闘争に向かっていくべきだ」と主張した。また、「 NPAが経済危機の中で、反新自由主義の闘争によって登場した、新世代の反資本主義の闘争の政治的な道具である」として、その戦闘性をさらに強化しなければならないと力説した。  

▲ '赤い郵便配達員'オリビエ・ブザンスノーがスピーチをしている。

オリヴィエ・ブザンスノーのその人気を実感することができたのは、フランスのマスコミの大きな注目だった。会議場を動く彼をメディアはぞろぞろとつきまとい、彼の姿をカメラに収めることに熱中した。しかし、NPA党員たちは、このような報道のあり方について、音を出してブーイングを送った。NPAの党員たちにとって重要なことは、ブザンスノー個人ではなく、「集団の政治」だからだ。

30余国の海外の代表団が、NPA創立を祝う

海外30カ国以上から参加した左派政党の代表団は、さまざまな非公式の接触や地域の集まりなどを通じて、各国の対立の状況を共有し、 NPA創立過程についてのご意見を交換した。韓国から参加した代表団は、アジア太平洋地域の参加団と、最近の各ユニットの紹介や左派政党の動きについての悩みを共有する時間を持った。

2月6日には予定になかった海外参加団全体会議もその場で行われた。この席で、経済危機と反資本主義の闘争に対する各国の状況についてのストーリーを発表する時間を持った。去年の1月30日、ブラジルのエレンで開かれた世界社会フォーラムで行われた国際的な急進左派の会議についての報告もあった。その後、海外の代表団は、 NPAで準備された公式晩餐会に参加し、設立を祝った。

反資本主義新党(NAP)党名採用-
反資本資本主義で一致する勢力とヨーロッパ議会の選挙への対応へ

NPAの創立総会は、2月6日午後から2月7日午前までNPAの創立原則、一時的な規範、政治決断、ヨーロッパ議会の選挙対応の決議案などの主要テーマについて分科会の討論を進行した。この分科会の討論を通じて、各委員会から文書で提出された詳細な修正案について審議しており、2月7日午後から2月8日午後までに全体会議を介して各修正案に対する討議と採決を実施した。

創立の原則についての審議では、社会主義の表現と関連して、「社会的エコロジー」、「社会主義」、「21世紀の社会主義」が提出されましたが、その中で、「21世紀の社会主義」という表現が採用された。規約では、党名と関連して、反資本主義新党、革命的反資本主義党、革命的左翼国際主義同盟、反資本主義左翼党など5つの案が提出された。議論の最後に決選投票で反資本主義新党(NPA)が、革命的反資本主義党(PAR)を316対270票で破り、反資本主義新党(NPA)が正式党名に採用された。

LCR解散総会でも争点として議論された2009年のヨーロッパ議会選挙に関連する方針で、2つの案が提出された。いくつかの案は、社会党との連合を排除し、「反資本主義」のスローガンに同意する勢力とともに選挙に対応するということだ。対案(クリスチャン・ピケの提案)は、共産党(PCF)と左翼党(PG)が主導する<左派戦線>の関係団体を通じた選挙連合に参加することである。結論は、76 %の支持で前者の案が可決された。少数派は16.7 %の支持を受けた。

NPAの総会は、3つの主な案件を採択した後で、新しい党の政治的指導部192人の全国政治評議会(CPN)を、個々の投票で選出した。オリヴィエ・ブザンスノーは78 %の得票で、指導部に選出され、そのうち45 %がLCRの出身だった。一方、少数派の対案を提出したクリスチャン・ピケが選出されておらず、大会の議決から16 %を獲得した少数派が13人しか選出されなかったことに少数派側からは不満の声が噴出した。

また、大会は臨時執行委員会(20人規模)を採決なしで紹介して、3月7〜8日に開かれる全国政治評議会第1回会議までに、党の運営を担当するようにした。3月の全国政治評議会で正式に執行委員会が選出される予定であり、対外的に党の代表のスポークスマンの問題も話し合う予定だ。

2泊3日間の熱い討論と政治的な決定を終えた総会は、最終的に" 1.29ゼネストの精神で闘争しよう!"のスローガンの下、 "カタルベとマルティニークの闘争が私たちの進むべき道を示す:ゼネスト闘争!"という内容のアピールを採択した。そして"これからが始まりだ!闘争を継続しよう"のスローガンがスクリーンに浮かんでいる中、革命歌『インターナショナル』を合唱し、総会を締めくくった。

NPAは、巨大な変革の最初の一歩を踏み出した実験

LCRのNPAへの移行は、量的、内容的に拡大を実現した。地域、多元主義、複数連合主義という組織原則を介して広がった。この事業を見ると、既存のLCRの組織的運動の枠組みをNPAに移転することによって組織的運動の継続性を維持しながら、最近の貧民/郊外を中心に、地域の動きを担当する組織的運動の枠組みと被弾圧者の人権対策のための運営委員会が追加された。これは、過去の郊外暴動の後に、過去に非政治的だった青年たちが政治的にラディカル化され、社会運動に近づくことを人権の次元で保護し、支援することだ。

今回のNPAの創立は順風満帆のようで、かなりの柔軟性を持つフランスの左派運動だけでなく、ヨーロッパの左派運動に少なからぬ影響と変化をもたらすことができる可能性を見せてくれた。しかし、まだNPAの実験はこれからが始まりであり、今後、中長期的に解決していかなければならない課題は少なくない。

現在の水準でNPAのアイデンティティーは、核心的に確固とした反資本主義の闘争政党であり、政治的に社会党との連帯を通じた制度的取り込みについては断固たる拒否のために集まっているが、フランスの複雑な政治地図の中で、資本主義体制を根底から変革する戦略と戦術を具体化しなければならない課題が与えられている。

また、新たに結合された若い活動家たちが、既存の活動家たちとの政治的/文化的/世代的違いが明らかに存在している。NPAを造ることができた一つの力だったの若年層の不満と反乱をどのように変革の展望のもとに、政治的に組織できるかどうか、またそれらを次世代のリーダーシップを育てるかが重要な課題として残っているということである。このため、環境、差別、階級など、さまざまな社会的課題をどのように結合して統一していくかどうかの課題が残っている。

それにもかかわらず、40年間、献身的に闘争してきたLCRのドアを出て、NPAの新しい実験が持つ歴史的意味は小さくない。新しい党自体の政治的な成長だけではなく、共産党と社会党によって主導された20世紀のフランスの左派の地図を根本的に変化させ、「21世紀の社会主義」を実現する政治的なツールとしての第一歩を踏み出したLCR - NPAの政治的な実験はフランス固有の事柄ではないはずだ。
 

アラン・クリヴィンヌ(Alain Krivine)とのインタビュー
アラン・クリヴィンヌはダニエル・コン-ベンディットと並ぶ1968年5月革命の中核の活動家として、1969年と1974年の大統領選挙に出馬した経緯がある。 1966年に青年共産主義者同盟(JCR、1968年に解散)、1974年のLCRの建設を主導しており、フランスの代表的なトロツキー主義の活動家の一人である。

 

▲アラン・クリヴィンヌ

LCR解散とNPAの結成についての個人的な感慨は?

 

40年の間、党建設の闘いをしてきた。私たちの左派統合の提案は拒否され、孤立した経験が多い。NPAによって、これまで願っていたことがついに成せた。新しい状況で、チャンスを掴み、下からの党建設をしており、大成功だ。共産党や社会党から出てきた同志たち、ATTACなどの社会運動に参加していた同志たちが参加した。しかし、党は、それ自体が目的ではなく、社会変革のための手段である。新しい党は、社会変革のための有効なツールとならなければならない。

 

新しい党の同志の役割は?

 

私は2年前LCR政治局から離れている。おそらく、新党の全国評議会で選出される新執行部は若い同志たちが座るだろう。(引退するのか? )まったく考えていない。今年67歳だが、いままで通りに活動は継続する。もはや専従活動家ではないが、年金を受け取ってそれで十分というわけにはいかない。今までと同様に党建設の闘争を続けるだろう。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» フランスの反資本主義新党
   ブサンスノー関連記事(ニューズウィーク日本版2月11日号)   まずは、マイミクさんの日記から。 (転載開始)  時々、ROMしている掲示板を通して知った情報である。  フランスの新聞『フィガロ』が、2月13日に掲載した世論調査によると、サルコジ大統領の対抗馬として最もふさわしい政治家として、今月7日に発足したばかりの左翼政党「反資本主義新党」(NPA)の創設者であるオリビエ・ブザンスノ氏が、トップに選ばれたとのことらしい。  ブザンスノ氏は23%の支持を獲得。なお、社会党のオブリ第1書記は...
URL 2009/02/19(Thu)23:39
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]