忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c
▲デンマークの海上風力発電プラント

韓国:社会運動ニュースサイト"チャムセサン"から
http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&nid=60717


原子力発電は、国民の命を担保にした危険な賭け
[コラム]原発反対決議したデンマーク、再生可能なエネルギー政策が代案だ

キムヨンミン(蔚山大教授)2011.03.17 12:15

日本が津波のために回復困難な打撃を受けた。このことを悲しく思い、被害者に慰労の言葉を伝えたい。津波は、さる3月11日、日本の北東の海岸で人間が成し遂げた全てのことを席巻して通過し、福島原子力発電所に残した傷は、3月17日現在、徐々に制御不能の状態に変化しており、チェルノブイリのような原発事故につながれば、今後の国の命運がかかわる致命的な問題になる。

大きな原子力発電所の事故としては、(旧)ソ連のチェルノブイリ原発の爆発事故や、米国のスリーマイル島原子力発電所の事故があった。しかし人間は、無数の人命が破壊され、ある地域全体が閉鎖され、その有害な影響力が世代を継いで残されるような巨大な災いと不幸に気付かず、原発業界とこれらの利害関係に順応する国際原子力機関(IAEA)、そして、いくつかの原子力発電推進国の貪欲と傲慢、インチキくさいの死の産業は再び花を咲かせた。

原子力発電所は人間が自然を統制・調整可能だという傲慢から出発して、原子力発電の安全と利点を過大評価して、数十年内どころか数百年間持続する核廃棄物の危険性を知らせることなく、社会システムを全体的に統制できるように中央集権化して、今の貪欲的で消費的な物質文明に対していかなる疑問も持つことなく、原子力を持続的に利用するために真実と小さい事故を隠蔽しようとする。

新古里(シンゴリ)原子力発電所2号機を設置しようとする時、私は原子力発電所反対の文を日刊紙に寄稿したことがあったMITの核関連の専門家の講座を全部読んで、関連資料を丁寧に集めて、数ヶ月間研究し、原発反対の文を書くときに、また"人間のミス"についての講義をしながらも、また、米国のムーディーズなどの格付け機関で、原子力発電所の経済性がないと認識していないことを見ながらも、一方では石油が一滴も出ない韓国で、また、地球温暖化のうなる地球のために、万に一つ私は、原発の必要性を見落としているのではないかという疑念があった。

しかし、私は今、日本の原発事故を見て、人間の文明とはどのように矮小であり、また、無力であるかどうか、原発産業がどのように真実を隠しているのかを明確にわかった。数百万分の仕事の事故の確率を持つように設計された原発が商業運転を開始してからわずか数十年で、すでに3回の巨大な災害を起こした。日本の原発は世界的に安全だと広く知られたが、数百年に一度起きるか分からないが、実際に現実化された地震に宿った津波の影響は、設計時に考慮されていないように見える。このほかにも、まだ我々が想像すらできない不合理なテロ、航空機、ミサイル事故、隕石の衝突などのようなことが絶対に起きないと誰が保証することができるのだろうか。

韓国の原子力発電所は全21基で総発電設備容量基準の23.3%を占めているが、デンマークは1985年議会で原子力発電所不可決議をして以来、年間392億KWh電力を生産するために石炭51%、ガス18%、風力18%などに依存している。デンマーク政府は、環境のために、再生可能エネルギーの割合を2020年までに30%にしようとしている。

彼らは、世界最大の海上風力発電団地Horns Rev 2に91個のタービンを持って209MW(20万世帯の1年分の使用量)を生産し、2012年に世界最大のロンドンアレイ(風力発電プラント)を完成する予定であり、バイオエタノール、バイオマス、太陽光発電などのクリーンエネルギーを増やしている。また、世界的な風力エネルギー企業のベスタスマニア(Vestas)も持っている。そのため、デンマークは1985年の議会の原発反対の決議を逆転させる考えは微塵もない。つまり、国家の命運を一見安価に見える原子力発電に賭けていない。


"韓国の原子力発電所は、0.2g(ジー重力による加速度の値を表す単位)の地盤加速度(地震の6.5に相当)に耐えることができ、放射能が漏れになっても5つ星のうち防火壁がブロックするように設計されている"とし、"世界的に地震が直接原子炉を破壊し、放射能漏れ事故が発生したケースはない"と原発の関係者は言う。しかし、今回の福島原発は、津波のせいで非常用電源を使用することができなかったし、緊急冷却ポンプが作動不能となり、炉心が空気中に明らかになり、生じた過熱が原因で水素が発生し、これが爆発につながり、防火壁が破壊されることでつながった。また、廃棄物の格納庫に冷水が供給されなかったこと、ここで発生した熱酸化物被覆が溶けて、水蒸気は、水素を作成し、これが爆発し、原発廃棄物の格納倉庫の屋根が爆発し、放射能が流出する事態につながった。それでも韓国の原子力発電所関係者は安全をオウムのように繰り返して言えるのか?


原子力発電は、国の運命と国民の命を担保にした巨大なギャンブルのようだ。この賭博に味をしめれば閉鎖に伴う多額の費用で簡単に止めることもできない。(福島第一原発は、1971年に営業運転を開始し、寿命年限が終わってもなお1号機を修理して再使用しているようだ)

韓国のエネルギー政策は原発中心のあり方から、原発の連続稼動の停止、追加の建設中止などの政策に変更して、エネルギー消費を減らし、再生可能エネルギーを伸ばす社会を作るために努力しなければならない。

拍手[2回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]