忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 6月11日から13日まで東京・恵比寿ガーデンプレイス内にあるウェスティンホテルでG8内相会議が開かれる。この会合は、2001年「9・11」以後、全面的に発動されることとなった「対テロ」グローバル戦争の一環である「治安管理」体制の強化をG8諸国が連携して推進するためのものだ。新自由主義的グローバリゼーションに対する抵抗の広がりを「テロリスト」の暴動と位置づけて抑え込むとともに、民主主義や人権を否定し、外国人、野宿者などを社会的に排除して「軍事的・警察的治安体制」を築こうとする動きが、すでに現実のものとなっている。オルタ・グローバリゼーション運動をターゲットにしたこうした治安弾圧体制のグローバル化を許してはならない。

g
VIDEOG8 Media Network TV

 6月7日、内相会合の会場に近い東京の恵比寿公園で「あなたも私も『テロリスト』? 治安管理強化と戦争体制を促進する内相会議に抗議する!」集会とデモが同実行委員会の主催で開催された。公園や周辺の道路には百人以上の私服の公安刑事や制服警察官が参加者の動向をチェックしている。

 こうした厳戒体制の中で、司会をつとめた実行委員会の仲間が「今や権力の『テロ対策』は『外国人テロリスト』だけではなく『国産テロリスト』をも対象にしている。新自由主義がもたらす貧困、格差への批判が治安弾圧の対象として浮上しているのだ。こうした動きに抗議しよう」と訴えた。

g 

 次に参加者からの発言が続く。「横浜でG8とTICAD(アフリカ開発会議)を考える会」の京極紀子さんは、南アフリカの活動家トレバー・ングワネさんが日本外務省のビザ発給妨害によって訪日できなくなったことを糾弾した。さらにこの日、一日行動で共謀罪の廃案を訴える活動を展開した「破防法・組対法に反対する共同行動」、「荒川・山谷・墨田アンド足立実行委員会」、「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(のじれん)」の仲間が発言した。

 この日、23人の野宿の仲間の参加をかちとった「のじれん」は、渋谷の宮下公園で現在のフットサル場だけではなく、スポーツ用品大手のナイキ社の出資でスケートボード場とオープンカフェなどを新設する大改修計画が進められていることを紹介し、公共の場としての区立公園がナイキに代表される企業の利益のための「商業施設」に変えられようとしていることを批判した。この「ナイキ公園」化によって、宮下公園を居住の場としているテント生活の仲間たちは排除されるのではないか、という不安に駆り立てられている。

 集会ではさらに外国人と共に活動している仲間や山下幸夫弁護士などからの発言を受けて、デモに出発。130人にのぼる公安警察などの執拗な監視に抗議しつつ、百人以上のデモで渋谷の繁華街を通り、宮下公園までG8サミットと治安弾圧体制に反対する抗議の意思を道行く人びとに届けた。

 デモ終了後、宮下公園では6月28日~29日の「G8サミット直前行動 SHUT DOWN 貧困と環境破壊のG8サミット」や七月北海道現地行動の呼びかけなどが行われた。(K)

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]