忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NHK 土 PM9:00~10:00
全6回 11月14日~12月19日
HPアドレス 
http://www.nhk.or.jp/dodra/gaiji/
 

「人権侵害捜査」のオンパレード

このドラマは、日本で開催される国際テロ会議を前にして、日本にテロリストが潜入しているというCIAからの極秘情報のもと、日本の公安警察が暗躍するというものである。視聴者にテロの恐怖をあおりながら、盗撮、盗聴、スパイ、事件作り、違法逮捕などのあらゆる人権侵害を繰り返す(ただしメール盗聴はまだ出て来ない)。警備局長(石橋凌)は、官房長官(余貴美子)にさえも、今後、テロ情報を得られなくなるという理由で出所は言えないと話す。もしこの情報が公安の捏造だとしても国民には確認する術がないということだ。

つまり、公安が得意とするストーリー捏造を行えば国でさえも動かせるということである。このドラマは公安の中でも特に外事部を描いたものである。外事警察と一般の公安とは違い、外事警察は「エリート」とされ、一般の公安との確執もあるという。


「ゼロ」と住本の対立

主人公は「公安が生み出した魔物」とされる、警視庁公安部外事4課主任の住本(渡部篤郎)である。ネット掲示板等々では、過去があり、裏の世界のこの住本が「カッコイイ」と評判になっている。しかし、実際に公安と関わった人々の話では、実際の公安刑事の姿と住本の人物像にもかなりの隔たりがある。住本は、自分の協力者の死に、日本にはテロ防止の本格的な法律が無いから協力者を危険にさらしてしまうと警備局長に詰め寄る。その住本と裏公安のトップである「ゼロ」(警備企画課理事官)(遠藤憲一)が対立する。

ちなみに、国民新党の亀井静香は以前、この「ゼロ」の立場にあった人物だといわれている(「日本の公安警察」講談社現代新書 青木理著より)。

新しく外事課に配属された警官が住本に、なぜ自分のことをそこまで知っているのかと尋ねる場面では、一言、「公安だから」と答える。歯向かう刑事警察(平 岳大)に対し、「お前の過去の違法行為を知っている。お前を潰すのはわけない。」と脅す。しかし公安が何でも知っているのは、「国を守る」ことの意味を彼らに都合よく摩り替えて、人権や命を危険にさらす違法捜査を行っているからにすぎない。

相手のことを知りたい、特に対立する相手のことを知って優位に立ちたいという覗き見主義的な人間はたくさんいるが、これが金と権力を盾に行われているというだけのことである。公安警察が言う「安心・安全」とは、国民にとっての「不安・危険」である。まだ最終章まで見ていないが、どうもテロに恐怖する国民の心理を利用した公安宣伝ドラマのような展開である。しかし、現実の公安の姿と、このドラマにはギャップがある。

現実の公安警察がしていることは・・・

現実の公安警察の「はたらき」はこのドラマの内容とは程遠い。公安の存在意義を繕うために、テロとは無縁の市民運動の人々をあたかも危険なテロリストであるかのように見せかけ、微罪逮捕など、あらゆる手口を使って弾圧している。危険な存在に見せかけるための手法は、最近の神奈川県警の弾圧では、10.24免状不実記載弾圧裁判、「河内誠・国家賠償請求訴訟」裁判(http://www.actio.gr.jp/2009/04/04064935.html)での県側の代理人の金子弁護士や県警公安三課課長補佐の佐藤証人の言動は共通している。

令状を取るためには裁判所さえも騙す。逮捕、家宅捜査を大げさに演じて見せる。刑事警察を蔑視し捜査妨害もする。予算獲得のための仕事作り、存在意義のアピールのために力を注ぐ。緻密な捜査が苦手だとも言われている。坂本弁護士一家殺害事件では共産党系の弁護士だった坂本氏の捜査を軽視したために、地下鉄サリン事件などの、それこそテロ行為を許すことになったと言われている。

その自らの失態を取り繕う為に大量のオウム信者に対する微罪逮捕を行ったという。「泥棒や殺人犯を捕まえなくても国は滅びないが、左翼を泳がせておけば国が滅ぶ。公安が国を動かしている」というのが公安警察である。立川ビラ配り弾圧や10.24免状不実記載弾圧、葛飾ビラ配り弾圧などは全て公安が仕掛けたでっち上げ事件である。

テロ組織とは何か

ドラマの中で行われる違法捜査は、元公安警察官の暴露本などに描かれている内容にほぼ近い。しかし、これがNHKで放映されて、いくら「これはフィクションであり・・・」とテロップが出ても、誤解が生じる等の理由で公安からNHKに抗議が無いのは不思議である。むしろ、公安警察はこのドラマを歓迎しているのではないか。イメージ作りができればそれでいい。多少の人間味と緻密さ、洞察力があり、若者に闇の世界の「かっこよさ」を感じさせるこの主人公を歓迎しているかもしれない。しかし言論、人権など、国民の「安心、安全」を脅かす公安警察こそが、テロ組織そのものとはいえないだろうか。

公安が今までにやってきた「実績」こそがテロ行為であり、監視されるべき存在とは言えないだろうか。

(K・O)

拍手[7回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]