忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月4日、京都朝鮮第一初級学校(日本の学校制度で言えば小学校に当たる)に、レイシスト集団「在特会」ら11人が、朝鮮学校が隣接する勧進橋児童公園を「不法占拠」しているなどと言いがかりをつけて門前で騒ぎ、挙句に公園内のサッカーゴールを引き倒して、放送用のスピーカーのコードを切断して校門前に投げ捨てるという器物破損の破壊行為を働いた。


▲朝鮮学校側撮影の映像

この勧進橋児童公園は、朝鮮学校が地域住民の承諾のもとに50年以上に渡って使用されてきたものであり、レイシストのこの犯罪は、長年に渡って築かれてきた地域住民と朝鮮学校の共存・信頼関係を一方的に破壊するものである。

また、子どもたちの通う学校の前で騒ぎを起こすレイシスト集団に対して、駆けつけた警察は「まあ、まあ」となだめる(フリ)をするだけで、例によってレイシストのやりたい放題を放置している。最近では「市民の通報があるから」と集会中にも介入してスピーカー使用に文句をつけてくるおなじ警察がこの態度である。もはや警察は、レイシストの一方の共犯者だ!このレイシストの共犯者=京都府警に抗議の声を集中させよう!

・京都府警察に対するご意見・ご要望
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/site/koho_k/iken_yobo/index.html

・京都府警察本部 広報応接課 広聴係
電話075-451-9111(代表)

東で西で凶行を繰り返すレイシストに対して、私たちも早急に地域を超えた連帯と対抗行動をさらに強め、あるいは大きく作り出すことが求められている。なお、このレイシストの凶行に対して、12月22日に京都市内で「朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会」が開催される(下記に呼びかけ掲載)。

No Pasaran! - ヤツラを通すな!

(F)

:::::::::::::

(転載)朝鮮学校父母の訴え

 皆様

 私は朝鮮第一初級学校に二人の子どもを通わせている保護者の金と申します。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが先日4日に名前を言うのも忌まわしいようなレイ シスト(人種差別)団体が京都朝鮮第一初級学校のすぐ前で騒乱を起こしました。

 今まで生きてきてこんな腹立たしく悔しい思いをしたことがありません。学校の前で子ど もたちに聞こえるようにスパイの子どもたち!朝鮮学校を日本からたたきだせ!などと人 として信じられない暴言を拡声器の爆音をもって騒ぎ立てました。子どもたちはおびえて 、中には涙を流すこどもたちもいたそうです。

 私が悔しい、腹立たしいと思ったのは、何もその団体に感じたことではありません。朝鮮 語のことわざに糞を避けるのは怖いからで無く汚いからだという言葉があります。私が本 当に許せないのはこのような事態が許されているこの社会の規律と良識に感じています。


 当日警察も子どもたちがおびえてるにもかかわらず自分たちは間に入っている立場とし制 御しようともしない。スピーカを校門のまん前で校舎に向けて騒いでるにもかかわらず禁 止させない。これが言論の自由ですか?法や警察はこどもを守ってくれないというのがむ なしくてたまりませんでした。

 自由使用の公園なのにも関わらず不法占拠とののしり、地域の方々も使っているゴールポ ストを動かしたり、利用する子どもの安全のために設置されたスピーカーの線を切り、朝 礼台と一緒に校門前に投げつける暴挙。器物破損ではないのですか?強制執行は一般市民 に権限があるのですか?子どもたちがおびえ、泣いているのに脅迫罪ではないのですか? そこにいる個人や団体を誹謗中傷し侮辱罪ではないのですか?

 そこに駆けつけた私たちは声がかれるまで警察に訴えたのに取り合ってくれませんでした 。私は学校に駆けつける前に、某大学で人権教育の招かれ、人権とこどもの学ぶ権利を物 知り顔で語っていました。このときほど人権と子どもの学ぶ権利が虚しく聞こえたときは ありません。私はこの問題が一部のレイシスト集団の問題ではなく、それを許容する日本 社会の良識を問いたいです。

 たしかにこのような集団は日本人の一部かもしれません。日本人は悪い人ばかりではあり ません。信じてくださいとおっしゃりたい方もいるでしょう。そういう意味では日本の方 々も被害者かもしれませんが、今回の問題の本質ではありません。明確にこのような事態 が起こったことは、これが許されたことになると思います。いまこそ日本社会の良識にと うべきだと思っています。

 いままで本当に悔しい思いをいっぱいしてきましたが、もうたくさんです。今後このよう な事態が起こったとき、また私たち朝鮮人は門扉の前で歯を食いしばり、血の涙をのみな がら我慢に我慢を続けないといけないのでしょうか?正直に今回子どもたちに守ってやれ なくて申し訳ないとの考えが頭を離れず夜も悔しくて眠れませんでした。

 亡くなった祖父母や一世たちが空の上からこの事態を見ているならば、どんな思いをして るでしょうか?自分たちの曾孫までもこんな仕打ちをされているのかと嘆き苦しんでいる でしょう。

 長々と書きたて、最後まで読んでいただきありがとうございます。もうこのような事態が 起こらぬよう皆さんどうかこの社会を良識とあるべき姿を考えてください。。。

::::::::::::

(転載)京都民族教育対策委員会事務局の訴え

皆さん

 12月4日(金)午後1時、「在特会」の「輩」11人が、京都朝鮮第一初級学校に押寄せてきました!

 「公園を不法占拠している」という言いがかりをつけ、拡声器を使い、共和国、在日朝鮮人、朝鮮総聯、そして私たちの宝物である民族教育を、汚い言葉で冒涜し、サッカーゴールを倒し朝礼台を撤去するといって移動させ、スピーカーを線を切って取り外すという暴挙を働きました。

 その日は第一、第二、第三、そして滋賀の初級部高学年が集まって楽しく交流会をしていました。しかし大きな、それも聞くに堪えない汚い言葉で自分たちを侮辱する声に驚いて不安を募らせていましたし,低学年の中には怖いと泣き出す子どももいてパニック状態でした。

 1時間、言いたい放題、したい放題でした。ある議員さんはビデオを見て「常軌を逸している」とおっしゃっていました。

 「自分たちの組織は他の組織とは違うのだ。やるといったらやるんだ」とどなっていました。

 駆けつけた日本の弁護士さんにもひどいことを言い、侮辱しました。

 この怒りをおわかりいただけますか?

 あの「輩」に対する憤りよりもこんなことを許している社会に疑問を持つのは私だけですか?

 過去にあった「チマチョゴリ」事件とこのたびの件は本質的に違います。

 まずチマチョゴリをやぶいたり、暴言を吐いて子どもに恐怖感を抱かせた事件は、個人が人目を盗んで、自分の行動が犯罪であるという認識を持ってやりました。

 しかしこの度の件は白昼堂々と,組織的に、集団で、神聖な学校に来て、自分たちは正義だと嘯きながらやっています。

 朝鮮人には、朝鮮学校には何をしてもいいのですか?

 何を言ってもいいのですか?

 日本の良識がこういうことを許すのですか?

 子どもたちの心に影が出来、教育上大きなマイナスになるであろうこの件はだれが責任をとってくれるのですか?

 保護者たちの不安はどう取り除いたらいいのですか?

 二度とこういうことが起こらないことを心から願います。

 日本で生まれ、育ち、そして日本に永住するであろう子どもたちの、安全と学ぶ権利を守るのは大人の責任です。私たちは今まで以上にそのために努力します。

 同時に一人でも多い日本の皆さんのご理解、ご支援をお願いします。


                          京都民族教育対策委員会事務局

::::::::::::::::

-----≪朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会≫-----
            ―日本社会の排外主義を問う―


【開催趣旨】
◆一団のおこない◆
12月4日、現在各地で排外主義を煽るデモや情宣を行ない、
市民運動などの集会を妨害してまわる「在特会」が、
京都朝鮮第一初級学校への襲撃を行ないました。
「公園を不法占拠している」という言いがかりをつけ、
拡声器で聞くに堪えない差別的な言葉をはき、
子どもたちを脅迫するという許しがたい行為です。
この日初級学校では、京都第一、第二、第三、
そして滋賀の初級学校の子どもたちが集まって交流会を行なっていました。
子どもたちは大音量で自分たちを侮辱する言葉を浴びせられ、
不安をつのらせ、泣き出す子どもまでいて、
交流会場はパニック状態になってしまいました。
これに対して、警備要請を受けて出動した警察官は、在特会を何ら規制しようとはせず、好き放題にさせました。
私たちは在特会のこのような行ないを決して許しません。

◆日本社会全体の問題◆
同時に私たちは、この問題が一部の排外主義者の集団だけの問題ではなく、それを許してしまった日本社会全体の問題であると考えます。
今回の事件は、間違いなく現在の日本社会の排外主義的な土壌の上で起こったものです。

 「いまこそ“日本社会の良識”を問うべきだ」

事件に遭遇された保護者の方のこの言葉を、
特に日本人は痛烈な反省をもって受け止めなければなりません。

◆集会へご参加を!◆
そこで私たちは、今回の事件に抗議し、日本社会の排外主義を問うため、以下の要項で緊急の集会を開催することにしました。在特会は、
1月や2月にも、再び朝鮮学校を攻撃すると予告しています。この集会を通して、在特会に抗議する声を大きくおし広げていき、生徒たちを
激励し、朝鮮学校jへの攻撃を二度と許さないたたかいをともに推進していきたいと思います。平日の開催ではありますが、できるだけ多
くの方の参加を呼びかけます!!

--------------------
--------要項--------
--------------------

日時:12月22日(火) 19:00~21:00(開場:18:30)

場所:京都会館 会議場
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotokaikan/map.php
住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13番地
TEL:075-771-6051(代)
【電車・バスでお越しの場合】
地下鉄東西線「東山」駅 下車 2号出入口より北へ徒歩約8分
京都市バス 5・32・46系統 「京都会館・美術館前」 下車すぐ
京都市バス 31・201・202・203・206系統 「東山二条」下車 東へ徒歩約3分
【車でお越しの場合】
京都会館には駐車場はございませんので,岡崎公園市営地下駐車場か、みやこめっせ駐車場をご利用ください。
(有料:乗用車1時間以内500円,以後30分ごとに200円)
岡崎公園市営地下駐車場(乗用車506台・バス28台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-761-9617 ((財)京都市駐車場公社)
みやこめっせ地下駐車場(乗用車163台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-762-2630 ((株)京都産業振興センター)

参加費:無料(会場カンパを要請します)

内容(予定):
朝鮮人側からのアピール
日本人側からのアピール
襲撃の様子を撮影した映像の上映
など

主催:朝鮮学校を支える会・京滋
問い合わせ:江原
075―752-1055(FAX)
mhsuemoto@mrg.biglobe.ne.jp(メール)


※襲撃の様子を撮影した映像です。
http://corea-k.net/date/000.wmv


--------------------
--------以上--------
--------------------


☆★激励の呼びかけ★☆

朝鮮学校の子どもたちは突然の襲撃におびえています。
子どもたちに励ましの手紙、メール、FAX、寄せ書き etc...
を送りましょう!!(イラスト入りの紙を使うなど、
子どもたちが喜ぶような工夫をこらすといいと思います)

###
【例文】
みなさん、このまえはたのしい交流会をしているときに、
そとからおおごえでどなられて、こわかったでしょう。
あんなことをさせてしまって、ごめんなさい。

みなさんが、だいすきな学校にかよい、
公園でげんきにはしりまわるのに、
なんのえんりょもいりません。

みなさんがげんきにがっこうにかよい、
げんきにはしりまわるすがたを見ると、
わたしたちのまでげんきになります。

これからもげんきにがっこうにかよい、
たくさんべんきょうして、
たくさんあそんで、
おおきくなってください。
###

【郵送で送られる場合は直接学校へ】
○京都朝鮮第一初級学校
  〒601-8112京都市南区上鳥羽勧進橋町23
○第二初級学校
  〒615-0924京都市右京区梅津尻溝町3
○第三初級学校
   〒603-8454京都市北区衣笠鏡石町41
○滋賀朝鮮初級学校
   〒520-0812大津市木下町2-24

【メール・FAXで送られる場合は、支える会でいったん集約します】
○朝鮮学校を支える会・京滋
  075―752-1055(FAX) mhsuemoto@mrg.biglobe.ne.jp(メール)

【直接訪問を希望される方も、支える会にお問い合わせください】

☆★以上★☆
サロン吉田山
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn
民族学校を考える
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko 

拍手[5回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 百聞は一見に如かず
・朝鮮学校で「スパイの子」 “抗議行動”を告訴へ  京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で今月4日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の旗を持った男性約10人が抗議行動と称して校門に押しかけ、拡声器を使って「スパイの子ども」などと騒いでいたことが18日、分かった。  校内には近隣の朝鮮学校も含めた児童約170人がいた。学校側は、偏見や差別感情が理由の「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」だと反発。週明けにも威力業務妨害などの容疑で京都府警に告訴する。  集まったのは在特会関西支部メンバーら。校門前にある京...
URL 2009/12/23(Wed)22:31
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]