忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

民衆の戦いによって勝ち取られてきたマレーシアの民主主義がふたたび危機に瀕している。クーデター的に乗っ取られたマレーシア・ペレ州議会の召集に抗議する民衆への弾圧が広がっている。強権的支配をつづけてきた与党連合国民戦線は、昨年3月の選挙において全13州のうち5州で権力を、マレーシア・イスラム党(PAS)、人民正義党(PKR)、民主行動党(DAP)などによる「人民同盟」に明け渡した。

シ


国民戦線が権力を失った州のひとつ、ペレ州では僅差の力関係を逆転させるありとあらゆる策謀が、この3月に首相に就任したばかりのナジブ・ラザクによって準備されてきた。そして2009年3月7日、ペラ州議会では人民同盟派の州議会議長が警察によって議場から連行され、議長および議席の多数が国民戦線によって握られた。5月7日、ペラ州議会再開に抗議する抗議行動が呼びかけられ、ペラ州政府ビル周辺には、抗議の意思をあらわす黒い衣装に見を包んだ人々が集まった。マレーシア警察は政府ビルに近づく人間を容赦なく逮捕し、すくなくとも80人が拘束された。そこには3月に国会議員に当選したマレーシア社会党のジェヤクマル博士も含まれている。

マレーシア政治情勢に関しては「マレーシア情勢の歴史的な転換」(「かけはし」2009年4月27日)を参照。
http://www.jrcl.net/frame090427f.html

以下は、マレーシア社会党の活動家、朱進佳のブログより。

(H)

======

ナジブ・ザラクの真相:暗黒のワン・マレーシア
(原文)
http://utopia.e-channel.info/read.php?1073

最新情報:2009年5月7日、夜11時30分、ペナン市民が開催していたペラ州の民主主義を支援するロウソク集会の解散後、1人が警察に逮捕された。クアラルンプールでは、三日前に逮捕され、ブリックフィールド警察署に拘留されている黄進発を支援するロウソク集会に弾圧が行われ、20人が逮捕されている。サラワク州の州都クチンでも逮捕者が出ている。

2009年5月7日、再びマレーシアの暗黒の日が訪れた。あらたに首相に就任したナジブ・ザラクが提起した「ワン・マレーシア」は、「暗黒のワン・マレーシア」「警察国家ワン・マレーシア」「民主主義を踏みにじるワン・マレーシア」「人民に背を向けるワン・マレーシア」に過ぎなかった。ナジブと連立与党国民戦線(BN)は刷新イメージで粉飾しようとしているが、それは今回の弾圧事件で完全に破綻した!

この二日間の警察による弾圧につづき、5月7日にペラ州州都のイボでも大弾圧が行われた。正当性に異議の出ているペラ州議会がこの日に招集されることを受けて、空前の大混乱に陥った。


警察は、州議会の再開の前日、州政府ビルにつながる道路を封鎖した。また警察はペラ州議会ビルに近づこうとする人間を無条件で逮捕することができる特別令を裁判所に申請した。警視総監は5月7日当時は黒い衣装を着て外出しないよう強い語調で警告した。弾圧は早朝から始まった。州政府ビル付近では黒い衣装に身を包み、州政府ビル敷地への侵入を試み、「暗黒のワン・マレーシア」を叫び、警察に抗議していた69人の人間が逮捕された。逮捕者には、社会主義党の国会議員のジェヤクマル、など10名の国会および州議会議員が含まれる。

州議会内では、今年の2月にナジブ・ザラクの策略のもとに発動された国民戦線のクーデターによって、一つの州に二名の州務大臣と議長という「歴史的」局面を迎えた。州議会では人民同盟と国民戦線のふたつの陣営の議員がほぼ互角に対峙しているが、国民戦線は州政府官僚と警察の支持のもとで、民主主義を踏みにじっている。

州議会議長のシファグマのマイクは電源が切られた。副議長の許月鳳が議長代理として議会を取り仕切り、国民戦線の議員たちはあっという間に議員でもないガニシェンを議長として「委任」した。議長席に座っていたシファグマは議場に突入した役人と警察によって連行され、「マレーシアの歴史的な一ページ」を書き記すことになった。

民主主義を象徴する議会は鉄柵によって封鎖された。議員に対する警察と行政官僚による露骨な暴力。議長を堂々と引きずり出す。これが警察国家でないとすれば、もしこれが民主主義の圧殺でないとすれば、何がそうだというのだろうか。

ペラ州のスルタンにかわって議会を召集した王侯ラノナツリンは、何事も無かったかのように「おことば」を述べた。

これに先立って、国民戦線政府は、ペラ州に民主主義を求める人々の声を圧殺した。著名な政治学者・評論家は、植民地時代の悪法である「扇動法令」(1948年制定。マレーシア独立は1957年)によって逮捕され、拘留期限が三日延長された。イスラム党の副党首モハモシャは令状も提示されずに逮捕された。2006年10月に暗殺されたアルタンテュア(ナジブ・ザラク首相の関係者が犯行に関わったとされる:訳注)の誕生日を記念して誕生日ケーキを首相府に送り届けようとした3人が逮捕された。首都クアラルンプールのブリック・フィールド警察署に逮捕された政治学者を支援する人びとも逮捕された。それらの弾圧に加え、5月7日には、国民戦線はペラ州で公然と民主主義を踏みにじるという行為によって、ナジブ首相は就任後わずか一ヶ月でその化けの皮が剥がれ落ちた。

ナジブ率いる国民戦線は、なんとしてもペラ州での再選挙を回避し、ペナン州の補欠選挙へ参加するかどうかの決定を引き伸ばしている。ナジブと国民戦線は明らかに民衆の審判である民主的選挙を避けようとしている。人民からその信任を拒否された政権は、警察、軍隊、法廷、政府官僚、選挙管理委員会など、いっさいの暴力装置を用いて、権力を維持しようとする。

統一マレー国民組織(UMNO)を率いてきた国民戦線は、三つの柱を通じて覇権を維持してきた。

1.金権政治およびブルジョアジーの支持
2.国家機構を通じて政敵および異論派を弾圧
3.民族および宗教問題をもちあげて人民を分断する

しかし現在、もし国民戦線が民族問題を持ち出そうとすれば、自らに跳ね返ってくるだろう。昨年3月の総選挙ショック以降、マレーシア人民は、それまでのように簡単には民族分断政治を受け入れることはなく、UMNOが民族問題を持ち出したとしても、マレー系住民の支持を得ることはできず、国民戦線に参加する華人政党によるイスラム党に対するデマでたらめを信じる中国系住民もいない。ブルジョアジーも本心から国民戦線の支配に忠誠を誓うつもりはなく、とりわけ人民同盟が議会の多数を占める5つの州ではとりわけその傾向がつよい。そうであるがゆえに、国民戦線は暴力装置の全面的動員をつうじた民主的空間の圧縮によってしか、政権を維持することができないのである。

ペラ州の議会政治が危機に直面するいま、すくなくとも次の五人が民主主義の圧殺の責任者と見られている。

1.ナジブ率いる国民戦線:ナジブは首相に就任する二ヶ月前に、その指導力を誇示するために、ペラ州のクーデターを準備し、民主主義を簒奪し、人民の選択権を剥奪した。

2.ペラ州王室:封建時代の残存機構であり、立憲君主制の限界を乗り越え、政治民主主義の運営に干渉し、国民戦線支配集団の道具になった。

3.司法機関:マハティール時代から、司法体制は解体され、支配集団による弾圧の道具になった。人民同盟はペラ州の議会政治の危機の中で法廷審理を追及しようとしているが、それは虎口に羊を送るようなものである。

4.政府官僚:人民同盟はペラ州の執政のなかで大きな間違いを犯した。政府機構に巣食う大小さまざまな官僚を交代しなかった。州政府書記、州議会書記、県役所役人などが国民戦線の復活に道を拓いた。

5.警察:警察部隊は一貫して権力の暴力装置として機能してきた。

マレーシア人民は2008年の総選挙で、「奇跡」を実現し、与野党を震撼させた。これまで選挙を通じて有権者を買収することができた与党は、現在、選挙には関心を持たなくなり、できうる限り民主主義を踏みにじろうとしている。マレーシアの民主主義を救うのは人民の力だけである。この人民の力はすでに投票行為にのみ限定することはできなくなっている。議会を乗り越え、街頭に打って出なければならない。

われわれは、多様なエスニシティによる人民の力を結集しなければならない。下から上へ組織化し、民主主義を防衛し、政官財の癒着を打倒し、支配階級の抑圧に抵抗し、公平な社会の建設の基礎となる人民の力を!

2009年5月7日、ペラ州において「暗黒のワン・マレーシア」の降臨を目の当たりにした。いまこそ、人びとを組織し反撃に打ってでなければならない。
 

拍手[2回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]