忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

反警察・公安解体運動にとって必読本登場!
「報道されない警察とマスコミの腐敗 映画『ポチの告白』が暴いたもの」
 

 
著者:寺澤有 出版社:インシデンツ 価格:1200円+税

 日本警察とマスコミの腐敗・堕落を描いた映画『ポチの告白』と連動して本書が出た。単なる映画解説本ではない。下記に列挙した告白する10人の肩書きでわかるように、全て実話だ。怒りによる身体の震えなしでは読めない。書店在庫なしが発生。警察・公安たちが買い漁っているのだろうか?

公安政治警察への批判が弱いのでは

 ちょっと一言。映画『ポチの告白』もそうだが、公安政治警察をターゲットにしていないところが不満だ。公安暴露本が少ないのは、それだけ公安のガードが厳しいのだが。つまり悪事・犯罪を繰り返しているから、バレタらまずいという自己保身に満ちた組織なのである。なんとしてでも、裏金作りを繰り返し、犯罪隠蔽にひた走る警察機構、公安政治警察を解体していこう。

 ただし本書では、落合博実(元朝日新聞編集委員)インタビューの中で「裏ガネづくりの首謀者が警察庁長官を経て内閣官房副長官に」と題して、あの漆間巌を批判。さらに山岡俊介(ジャーナリスト)インタビューで「麻生太郎首相私邸見学ツアー」弾圧指揮官 栢木國廣(警視庁公安部公安第2課長)を批判している。だけど、ちょっと掘り下げが浅い。怒りが弱い。なんで「遠慮する」のと言いたいぐらいだ。

 若干の「危惧」抱きながらも、本書は、警察・公安解体にむけて、それなりに有効打を与えるだろう。しかし、打倒するためには、警察機構を解体・包囲する実践的運動でしかない!

 なお著者兼発行者 寺澤有さん(フリージャーナリスト)は、共謀罪反対院内集会、諸集会でよく発言していた。『ポチの告白』でも裁判所職員としてちょっと出演していた。なかなかユニークな人である。今後も注目していこう。

 寺澤有サイトをチェックを http://www.incidents.jp/index.html

本書の内容
【告白1】人間は組織の歯車なんかじゃない。/高橋玄(映画監督)
【告白2】内部告発者は胸を張って生きていかなければならない。/原田宏二(元北海道警釧路方面本部長)
【告白3】なぜ警察官は自ら立ち上がらないのか。/仙波敏郎(愛媛県警巡査部長)
【告白4】権力の広報機関に安住する新聞が生き残れるわけがない。/落合博実(元朝日新聞編集委員)
【告白5】フリーランスがいちばん楽しい。/山岡俊介(ジャーナリスト)
【告白6】日本の裁判を変えるため裁判官になった。/寺西和史(裁判官)
【告白7】不正を公表しないで死ぬのはおもしろくない。/大内顕(元警視庁職員)
【告白8】拳銃も薬物も警察が蔓延させた。/津田哲也(ジャーナリスト)
【告白9】警察官もマスコミ記者も自分の生活を守るだけ。/黒木昭雄(元警視庁巡査部長)
【告白10】ひたすら権力を信じ安心する国民性/清水勉(弁護士)

 

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]