忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 8月12日の佐藤尋問を聞いて感じたことは、「極左暴力集団だから武装闘争をする」というお題目のむなしさと、そのために払われる犠牲の生々しさである。こうして引き起こされる弾圧のパターンは「洞爺湖G8サミット」前後の不当な逮捕、家宅捜索としても繰り返された。福田首相は退陣したが、一体洞爺湖G8とは何だったのだろうかという思いが再びわきあがってくる。


y
 

 大阪で6月12日、釜が崎パトロール会のメンバーが逮捕され、6月10日、京都洛南ユニオンの組合メンバーが逮捕され事務所が捜索される。6月5日に奈良県警、大阪府警に逮捕された野宿者支援の人の逮捕理由は「免状不実記載」容疑だった。6月に大阪でG8財務大臣会合、京都で外務大臣会合があったことと関連しているといわれる。そして7月5日の札幌でも、サウンドデモをおこなっていたDJ2人とトラックを運転していた人、加えて報道記者までが逮捕され、韓国の人などに対しても、逮捕、入国拒否が相次いだ。

 直接関連しているとは言い切れないが、6月20日、NGOグリーンピース・ジャパンの2人が鯨肉を盗んだ疑いで逮捕され、6月中旬、大阪・西成警察署の暴力に怒った労働者200人が抗議行動を起こした。西成でサミット警備の虚をついて起きた「不祥事」が熱心に報道されなかったということは特筆すべきことだった。

 Aさん逮捕は06年のことだが、空港反対闘争だけでなく、サミット事前弾圧の側面も持っていたと推測しながら、一連の弾圧の特徴を考えてみた。


 ひとつは「何か逮捕されて仕方がないことをしたのではないだろうか」と運動にかかわっている人にも考えさせることを警察側が狙っていることである。わかっているつもりでも、人はつい弾圧を受けた人の「落ち度」を探すのである。

 二つ目には「落ち度」の種類として、運動を「暴力的」な方向に持っていこうとしているかどうか、そういう印象を周囲の人に与えているかどうかで、主に弾圧対象が選別されているということである。

 グリーンピースの鯨肉事件では、水産庁と水産会社が、「調査捕鯨」という形式をとることによって商業捕鯨という形式をとるより利益を得ているということが本質のはずだ。「盗難」、「乗組員の個人的な横流し」は枝葉の問題である。だがここではグリーンピースのメンバーはどんな強硬な手段を辞さないという印象が巧みに利用され、グリーンピースの外国の活動家が調査捕鯨船「日進丸」に妨害行動をとったことなどを、G8の時期に多くの人に思い出させたのである。

 第7回目のAさん裁判でも成田管制塔占拠のことがさりげなく触れられた。そして県側弁護人は質問の大部分を使って、Aさんを不審者のごとく印象付けようとした。第8回ではずさんな佐藤証言によって警察の不審さが抜きん出て印象付けられた。第9回で結審を迎えるこの裁判に勝つことは、これからも生まれるであろう、「グリーンピースのメンバー」たちの正当性を保障する事につながっていくだろう。

 神奈川県警は他の警察とともに、勝手にサミット警備体制をしいて、過剰警備以外には当然、何事もおこらなかったわけだ。だが、サミット警備の責任者が警察組織を活用した詐欺事件の首謀者だと報じられた「神世界詐欺事件」(07年12月発覚)は、今こそ覚えておかなければならない出来事だ。神奈川県警察が、中心人物である吉田澄雄警視をいまだに逮捕しないのは不思議なことではない。現職警官として領収証偽造の裏金作りを告発している仙波敏郎さんは、「99パーセントの警察官は犯罪者です」と断言している。G8サミットが世界の大泥棒の元締め会議だとすれば、それを警備する人たちも犯罪者集団なのだ。重大な事件がおきても自浄作用は期待できない。

 最近、弾圧がありふれていて人権抑圧の実感が麻痺しそうに思うとき、「私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか」(島村英紀 著・講談社文庫)を読むことにしている。私たちは無意識のうちに、逮捕された著者島村さんの「落ち度」を探そうとするが、結局は日本の司法・警察当局のありあまる「暴力」を思い知らされる。それはデモで警察の言うことを聞かなかったという類の「暴力」とは水準が違うのである。警察の茶番を少しでも食い止めるために、10月28日のAさん裁判結審に集まろう。

(海)

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]