忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3月19日、郵政労働者ユニオンは昨年に引き続き、郵便事業会社の全国10拠点で始業から1時間の時限ストライキを貫徹した。


▲郵政労働者ユニオンと電通労組がストで決起(3.19)

 郵政ユニオンは1月31日~2月1日に開催された第6回中央委員会で「反貧困、生活危機突破の09春闘を社会的連帯の強化でたたかおう!」をメインスローガンとして09春闘方針を決定。2月4日、日本郵政グループ各社へ「正社員25,000円、非正社員時給250円引き上げ」など「2009年度賃金引上げ等に関する要求書」を提出した。また、全組合員を対象に一票投票を実施し、89.9%の高率でスト権を確立。中央交渉を展開してきた。

 一方、単一組織では日本最大の組合員数を誇る日本郵政グループ労働組合(JP労組)は、「かんぽの宿問題」を理由にベースアップ要求を自粛。郵政ユニオンのストに対しては山口委員長名で「他労組の争議予告に対する対応について」という文書を出し、会社への協力を表明した。

 東京地本では深川支店で3名の組合員が8時からストに突入した。それに先立ち7時半から支店前で組合員や支援者60名以上が結集し、ストライキ突入集会を開催した。


 冒頭、3月14日に急逝した神奈川支部の竹内淳さんを追悼して黙祷。本部の組合旗も半旗にした。

 組合役員から、春闘要求回答指定日の18日夜に行われた第5回交渉について報告された。本社からは具体的な回答は示されず、闘争指令第2号(ストライキ指令)を発出したという。

 全労協の中岡事務局長、前田かおる江東区議、郵産労東京地本委員長、下町ユニオン、中小労組政策ネットワークの平賀さん、N関労、国労音威子府闘争団、葛飾支援協、ATTAC Japanの稲垣さん、南部全労協、吉野信次元松戸市議が駆けつけて連帯挨拶。東京東部労組と保坂展人衆院議員からのメッセージが読み上げられ、ほかに5人の国会議員からもメッセージが寄せられていると紹介された。

 9時、時限ストを闘った3名の仲間を拍手で見送り、深川支店前での行動を終えた。

 10時からは日本郵政本社前行動が取り組まれた。郵産労の山崎委員長、全国一般なんぶ、国労闘争団最年長の佐久間忠夫さん、全労協の藤崎議長が挨拶。本社に向けて怒りのシュプレヒコールを叩きつけた。

 関東地本のスト拠点である横浜支店のスト参加者は午後からの勤務で、12時からストライキ突入集会が始まった。

 昨年秋、雇い止め通知を受け、ユニオンと共に雇止めを撤回させた座間支店期間雇用社員の挨拶にはひときわは大きな拍手が送られた。

 13時15分、ストを終え、内田委員長の「団結がんばろう」でこの日の闘いを締めくくった。

(I)

拍手[2回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]