忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月19日、フランスでは1月29日のゼネストに続いて、サルコジ政府の金持ち・大企業優遇の「経済危機対策」に反対して最低賃金の引き上げ、富裕層への課税強化、教育など公共部門の民営化・雇用縮小計画反対を要求する、第二波のゼネストを決行した。

ハ

スト参加者は前回の250万人を上回る300万人(警察発表で100万人)に達し、フランス全土200ヶ所でデモ行進が行われた。このデモ行進には、学生・高校生も大挙して参加した。どの産業部門においても、スト参加率は上昇し、世論調査では市民のスト支持率は80%という記録的な数字をマークした。

フィヨン首相は、ゼネストの夜に「新たな景気浮揚策の用意はない。世界的な危機に対して、ストもデモも何も解決しない」などと語った。しかし、スト参加者数やデモ参加者数を極端に低く見積もることで有名なフランス政府・警察当局が「参加者数100万人」と認めたときは、ストあるいは巨大デモが成功したことを認めた「証」であり、政府が後退を開始したというメルクマールであるという。なにより「ストを無力化し撲滅する」を豪語し公約に掲げてきたサルコジ政権の「スト参加事前届けの義務化」などの「スト無力化策」こそが無力化したのだ。


▲ニュース映像(M6)

3月20日に発表された反資本主義新党(NPA)のオリビエ・ブザンスノーは声明で「ゼネストを一日にとどめるわけにはいかない」と政府の挑発は労働者のさらなる闘いを引き起こすとして、「長期ゼネストの実現による要求貫徹」を呼びかけている。

4月、5月のフランス労働者のさらなる闘いの広がりに注目しよう。そして、それらの大衆闘争の爆発と蓄積は、確実に2012年の大統領選における「反資本主義大統領」の誕生を準備することになるだろう。

(F)

:::::::::::::::::::::::::::

オリビエ・ブザンスノーの声明-「3.19」を一日にとどめるわけにはいかない
http://www.npa2009.org/content/d%C3%A9claration-dolivier-besancenot-le-19-mars-ne-peut-rester-sans-lendemain

3月19日の木曜ゼネストは、「1.29ゼネスト」より、さらに重要な成功を収めた。

その夜、フランソワ・フィヨン首相は、300万人のデモ参加者に名誉を与えるために派遣されたようなものだ。彼は「危機の責任をとるために」と称した数十億フランの正しい使い道を知っているストライキ参加者とデモ参加者の要求を満たせば、雇用や賃金のために金庫は空になるなどとしている。

このゼネストの成功とそのような政府の挑発は、3月30日に予定されている労組の新たな会合を前に、何らのメリットももたらさないだろう。

コンチネンタル社(訳注-世界大手のタイヤ工場の閉鎖・人員削減)、グッドイヤー社(訳注-世界大手のタイヤ工場の閉鎖・人員削減)、FULMEN社(訳注-主に車用のバッテリーを生産する大手企業の人員削減)においても、あるいは、教育、健康、郵便局、公共サービスの各部門・諸課題においても、闘争を維持することこそが勝利につながる。その勝利は、社会の隅々において、組合において、政治的左翼が給与所得者の全般的な動員を示すことでもたらされるだろう。

24時間のストライキとデモでは、政府と雇用者を挫折させるのには、まだ十分ではない。賃金を上げ、レイオフを禁止し、物価を下げるには、長期ゼネストとその成功が我々の要求を貫徹させるだろう。

2009年3月20日

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]