忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月27日、キリスト教徒であり「理想の最高経営責任者(CEO)タイプの指導者はイエス・キリスト」と公言してはばからない李明博の政府が、キリスト教のとりわけ右派プロテスタント系を優遇して、仏教や他宗教を差別・排撃しているとして、仏教徒を中心にソウル市庁前広場に主催者発表で20万人超(警察発表でも6万人)が「憲法破壊・宗教差別の李明博政府糾弾集会」に結集した。

ソウル市長時代に「ソウル市を神に捧げる」と発言した李明博は大統領就任以降、さらにプロテスタント系偏重の姿勢を強めていた。親米保守の"ニューライト"の傾向の強い聖職者との関係を強めて政府の主要人事に 'ソマン教会'(Somang Church)の人脈を重用し、5月には純福音教会の朝食会祈祷会に出席しながら、釈迦誕生日には背を向けて仏教界の反発を買った。


また、閣僚による去年3月の「貧富の両極化は、信仰心が足りないせいだ」とする過去の寄稿があきらかになり、この5月には前青瓦台次長が「すべての政府省庁の福音化が私の夢」と発言した。 6月には大統領府広報首席が「キャンドル集会参加者は悪魔だ」と発言して物議をかもしていた。 また、オ・チォングス警察庁長官が'警察宣教断食月間'の広告ポスターに汝矣島純福音教会の牧師と並んで登場して、 一方では7月に曹渓宗総務院長の大豊和尚の車を警察が強制検問していたことが問題になり、仏教徒の怒りは沸点に達した。そして、政府の過護を背景に、右派牧師たちによる「仏教国は貧しい。韓国を貧しくしてはならない」「坊主はイエスに宗旨替えするべきだ」などの暴言が続いていた。

27日の集会とデモは、このような李政府の姿勢に反発して開催された。
集会では、仏教環境連帯委員長のスギョン僧侶は「李明博大統領一人の曲がった価値観のために国が混乱に陥った」として「李明博長老がついているプロテスタント原理主義の傲慢と独善が国政の難局を呼んだ」と批判した。また、民主党と民主労働党、進歩新党などの野党3党の議員・支持者も大挙して集会に参加して「オ・チォングスの罷免」を強く訴えた。

集会は全体で
●公職者の宗教差別を助長する李明博大統領の公開謝罪と再発防止の約束
●オ・チォングス警察庁長官の罷免など、宗教差別公職者の厳重な問責
●公職者の宗教差別の根絶立法措置の即時施行
●(曹渓寺に逃げ込んで篭城している牛肉闘争の)指名手配者の無効と国民の団結措置などを要求する、ことを確認した。

参加者は集会後、  曹渓寺まで行進。曹渓寺で法会をもって解散した。一方ソウル市当局は、ソウル市庁前広場の無断使用とデモによって多大な交通渋滞を引き起こされたとして、主催側に損害賠償を要求するとしている。つまり、この集会は実力で勝ち取られたものだということだ。

6月30日にカトリック系キリスト者の神父・シスターたちがキャンドル闘争に新たに大挙して加わったことに続いて、仏教徒が大衆的に"李明博審判"の運動に加わった。戦闘警察による過酷な弾圧によって運動潰しを目論む李政権は、またもや新しい「敵」を自ら生み出してしまった。李明博打倒の戦線は広がっている。(F)

(注-中央日報によると05年統計で、韓国国民約4700万人のうち仏教徒が1072万人、プロテスタント861万人、カトリック514万人という。参考

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]