忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アフガニスタンで、「原理主義者はコーランの教えを歪曲している」というインターネット記事をプリント・アウトして「神の冒涜」の「罪」で死刑判決を受けた学生の続報。

d

以下、INDEPENDENT紙の8月1日の記事を翻訳。

原理主義者がペルベスの弁護士を殺害する恐れがあるhttp://www.independent.co.uk/news/world/asia/islamists-threaten-to-murder-lawyer-defending-pervez-882627.html
 
ジェローム・スターキー 2008年8月1日(金)

カブールの死刑囚棟にいるジャーナリストを弁護するアフガニスタンの弁護士は、その弁護活動をやめるよう彼に要求する死の脅迫を受けた。
イスラム原理主義派は、注目されるサイード・ペルベス・カムバクシュの訴えを防衛することに合意した弁護士Afzal Nooristaniを殺害すると繰り返し脅した。
 
23歳の学生ジャーナリストに、女性の権利に関する記事を大学内で配布した「罪」によって死刑が宣告された。彼は閉じられた法廷の中で裁判にかけられ、弁護士をつけることを否定された。彼の事件は世界的な抗議の口火を切った。
 
アフガニスタンでは、保守的な聖職者は、彼の有罪宣告を支持する集会をリードした。その一方で、彼の解放のための動きも進んでいる。ほとんどの弁護士はあまりにも原理主義者と保守主義者を恐れ、彼の事件を扱うことができなかった。 


「私は、私を殺すと脅迫する電話を受け取りました」とNooristani氏が言った。「しかし、私は、弁護活動は好きなように行うことができると彼らに伝えました。彼らは私がその事件を扱うことをやめさせることはできませんでした。」
 
100,000人以上が、INDEPENDENTのカムバクシュ氏のための公正を要求するオンライン請願書に署名しました。国連人権高等弁務官ルィーズ・アーブール、米国国務長官コンドリーザ・ライスおよびアフガニスタンの大統領(ハミド・カルザイ)らはすべて、公正のための再審理を要求することになった。
 
しかし、アフガニスタンの法曹協会の創立総会で話したNooristani氏は、カムバクシュ氏の訴えが通るには、アフガニスタンの法制度に深い欠陥があると昨日警告した。また彼は、カムバクシュ氏が公平な裁判を得ることがほとんど不可能であると言った。
 
「彼に不利な具体的な証拠はありません。しかし、それでもなお、法廷は刑務所に彼を引きとめて裁判を延期することを主張している」と彼は言った。
 
カムバクシュ氏は公平な裁判の彼の機会を改善するために、マザレシャリフ地方の刑務所からカブールに移送された。しかし、その事件の再審理は5月に無期限に簡易法廷の出廷に続いて延期された。
 
「カブールでさえ、裁判官が検察当局の役割を果たしました。今、法廷は、裁判の日を設定しなければなりません。しかし、私たちは何か月も何も受け取っていません」とNooristani氏が付け加えた。
 
アフガニスタンの580人の弁護士のうちのほとんどは、2500万人以上の国家人口に対して、法的な専門家の絶望的な不足を強調して、法曹協会の会議に出席した。ほとんどの法廷訴訟の手続きは弁護士なしで行われる。法曹協会の主催者は、新しい協会が正義を改善することを望むが、それが何年もかかるだろうことを認めざるを得ない、としている。

≪抗議先≫
アフガニスタン大使館
http://www.afghanembassyjp.com/japanese/index.php
東京都渋谷区西原3-37-8-B
Tel: 03.5465.1219
Fax: 03.5465.1229
メッセージフォーム
http://www.afghanembassyjp.com/japanese/contact.html

≪抗議文例≫

大使館は、私たちの声をアフガニスタン本国の政府に届けてください。

私たちは、宗教的原理主義による女性への抑圧に反対して死刑判決を受けたSayed Pervez Kambakshさんの死刑判決の破棄と死刑執行の中止をアフガニスタン政府に求めます。アフガニスタン政府は、いますぐKambakshさんを釈放してください。

An embassy should send our opinion to the Afghanistan home government.
We ask the Afghanistan government for reversal of the death sentence of Mr. Sayed Pervez Kambaksh who received death sentence in opposition to the oppression to the woman by  religious fundamentalists, and the stop of execution. The Afghanistan government needs to release Mr. Kambaksh immediately now.

●関連記事
【アフガン】『インディペンデント』紙が獄中のカムバクシュさんにインタビュー-彼はどのように死刑判決を受けたか
【アフガン】ペルベスをめぐる動き-カブールへの移送は彼の釈放の前兆となるか
【アフガン】原理主義の女性抑圧を批判して死刑判決を受けた学生の続報
【アフガン】原理主義の女性抑圧を批判した学生に死刑判決-勇気あるカムバクシュさんを救おう!
 

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]