忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターナショナル・ビューポイント August 2010
http://www.internationalviewpoint.org/spip.php?article1906

パキスタンで1200万人以上が洪水被害
パキスタンの被災者救援のため労働者救援キャンペーンへのカンパを


 パキスタンは、これまでの歴史で最悪の洪水に直面している。この3週間にわたり国の幾つかの地域で豪雨による洪水が起きた。防水壁が崩壊し、人々はあふれ出る水にさらされた。この洪水のために1200万人以上が被災した。おもに村落部で65万戸以上の家屋が崩壊した。洪水のために数千エーカーの農地の収穫が台無しになった。住居や牛・ヤギ、家具、衣服、靴などの財産や生活用品が失われた。村落の住民は現在、飲料水、食糧、寝場所、着るものにも事欠いている。とりわけ子どもや女性たちの状況は差し迫ったものであり、食糧・衣服を緊急に必要としている。飲料水がないため、被災地域では病気が急速に広がっている。とりわけインフルエンザ、熱病、下痢、コレラに注意すべきであり、それは拡大している。

p

 政府の対応は事態を悪化させてきた。政府は迅速な行動をとらず、幾十万人もの人々を救援することもなく放置してきた。わずかな量の配給食糧の包みを付けた一時しのぎのキャンプを設定したのは24時間後のことだった。行われた食糧配布と、飢えをしのごうとする被災者の数とのギャップによっていさかいが起こり、この絶望的状況に置かれた人々にとって事態はさらに悪化した。

 メディアでの報道はほんのわずかなものだが、バロチスタン州(西部、イランと国境を接する州)の人々の状況は、カイバル―パクトゥンクワ州(旧北西辺境州、アフガニスタンとの国境地帯)やパンジャブ州西南部(東部、インドと国境を接する州)と同じように深刻である。これもいつものことだが、彼らは政府の優先リストのトップに挙げられてはいない。

 カイバル―パクトゥンクワ州では昨晩から豪雨が降り始め、事態はまたもや悪化している。

 労働者教育基金、パキスタン労働党、全国労組連合、女性労働者ヘルプライン、進歩青年戦線はラホールで労働者洪水救援キャンプを開設し、これまで30万ルピー以上を集めた。洪水被災者を救援するためにすでに11万ルピーがバロチスタンにすでに送られ、20万ルピー以上が南部パンジャブに送られようとしている。

 われわれは、パキスタンならびに海外の友人たちと諸組織に対し、寄金あるいは飲料水、衣服(新品の)、靴、薬品のカンパを訴える。

2010年8月7日

アジア連帯講座として、パキスタン救援カンパをあらためて呼びかける予定ですが、当面は下記口座に「パキスタン洪水カンパ」と明記して、カンパを寄せてください。

振替口座 00290=6=64430  新時代社

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]