忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターナショナル・ビューポイント オンライン・マガジン 423号 April,2010.

タイ―バンコクにおける「赤シャツ」部隊への暴力的弾圧

ダニエル・サバイ、ジャン・サヌク

http://www.internationalviewpoint.org/spip.php?article1851

 今週タイにおいて、アビシット・ヴェイジャジヴァ政権はその真の本質を暴露した。「赤シャツ」部隊の代表との二次のわたる交渉は、ただちに決裂してしまった。アビシットは、彼の保守的選挙基盤の圧力の下で、議会を解散して彼の党である保守党を投票箱の審判に委ねることを依然として拒否している。当初、赤シャツのデモが分散化することに賭けていた政府と政府を支持するエリートたちは、失望してしまった。抗議行動に参加している幾万もの人々は、一カ月にわたるデモの後でも、いっそうの正義と民主主義を要求し続けている。


▲4月10日の衝突(オーストラリアABC)

アビシットは、もはやどのようにしてデモ隊を強制帰還させられるか分からないまま、ついに4月7日にバンコクと周辺諸州に非常事態宣言を布告した。それから彼は、赤シャツ集団に人気のあるPTV(民衆テレビ・チャンネル)と、政府の宣伝を伝えなかった30以上の独立ウェブサイトを閉鎖した。アビシットは「歪められた情報を止める」という願望でこうした措置を正当化し、抗議活動を行っている人びとの怒りに火をつけた。彼らは放送を再開させるためにタイコム本部を占拠した。赤シャツ集団の主要指導者への逮捕状は、デモ参加者が集会・イベント禁止令を拒否するのを妨げるものではなかった。金曜日(4月9日)にも土曜日(4月10日)にも、バンコクの路上には依然として幾万人もの人々がいた。

 数十年にわたって保持してきた権力のほんの切れっぱしをも放棄することを拒否してきた政府、軍部、官僚エリートにとって、それはあまりにも耐えがたいことだった。4月10日の土曜日、軍は非武装のデモ参加者に恐るべき弾圧を行い、多くの目撃者によれば殺傷兵器を使用したケースもあった。20人以上の死者、800人以上の負傷者が確認されており、そのほとんどは赤シャツの人たちである。これは1992年のクーデター以来、最悪の死傷者数である。4月10日・土曜日の夜のテレビ放送で、アビシットは死者の家族への哀悼を表明したが、この衝突の背後には赤シャツがいたと述べて、弾圧を正当化した。彼は、軍は殺傷兵器を保持していたが、空に向けて発射したと語り、軍の行為をかばったのである。

 部隊の配置にもかかわらず、軍はデモ参加者を打ち負かすことはできず、軍は引き上げなければならなかった。今後のなりゆきはまったく不透明である。軍のスタッフはこの敗北に衝撃を受けている。軍は分裂しており、多くの兵士たちは赤シャツへの支持を示している。そのため軍の士官たちは、彼らが「スイカ」、すなわち制服は緑だが中身は赤だ、と呼ぶ兵士たちに対する「魔女狩り」を組織している。

 弾圧の企ては、より広範な暴動と予期し得ない結果をもたらしうる。政府がこうした選択を考慮しているかどうかは不確定である。同時にアビシットが首相でいられる日数も長くはないのは当然である。彼が生き残れるのかどうかは、彼を権力の座につけた軍部と官僚エリートが、彼らに受け入れられる代替的解決策を見つける能力にかかっている。新たなクーデターの可能性も排除できない。

 大きな不確定要素が一つ残っている。王室に関して何が起こるかである。昨年9月以来入院している国王は、かつてのように抗議行動を抑え込むために介入することはもはや不可能である。王室一族は、王位継承をめぐる内紛にかかわっている。王位継承権を主張しているおのおのが、軍部や警察の各派閥と連携しており、そのことはこの間、政府が何も決められなかったことの部分的理由なのである。

 赤シャツの人々は、民主主義の復活を求めている。その要求には自らの手が血にまみれているアビシットの即時退陣、新たな国会選挙の公示が含まれている。まさにタイの歴史における決定的な時期である。NPA(仏反資本主義新党)はタイのすべての労働者、農民、貧しい人々とともにあり、社会的公正と民主主義を求める彼らの正当な闘いを支持するものである。


▼ダニエル・サバイとジャン・サヌクは「インターナショナルビューポイント」の東南アジア通信員。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]