忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第八回裁判(8・12)に10・24弾圧指揮官の佐藤道男(県警本部警備部公安第三課長補佐)が県側証人で出廷します。裁判傍聴闘争に参加を!権力犯罪を糾弾しよう!

10.24免状等不実記載弾圧を許さない!国賠裁判に勝利する会


8月12日〈火〉/横浜地裁第6民事部503号 午後1時30分
 開廷/JR関内駅下車(公園口)


 第八回裁判(八月十二日)に県側証人として10・24弾圧を指揮した佐藤道男(県警本部警備部公 安第三課課長補佐)が出廷する。すべての仲間の皆さんに権力犯罪を許さず、厳しく批判していくための傍聴闘争への参加を訴える。

 佐藤は、一九七六年七月に神奈川県警察官に採用され、以降、公安畑を歩み、「極左暴力集団による暴力主義的破壊活動に係わる犯罪の捜査」と称して数々の政治弾圧を強行し、それが評価され二〇〇三年四月、公安三課課長補佐に昇進している。なお「神世界」霊感商法詐欺事件を行った吉田澄雄元警視も、同年三月に公安2課課長代理に就任している。佐藤と吉田は同僚だ。

 佐藤との攻防はここだ。第一は、憲法第二一条(集会、結社および言論、出版などの表現の自由)、第一三条(個人の尊重・生命・自由・幸福追求の権利)で保障された政治活動を否定し、人権侵害を居直り続ける公安政治警察の存在と捜査手法の批判。第二は、不当逮捕・家宅捜索のデッチ上げストーリーを具体的に打ち砕いていくことである。佐藤の居直り証言を許さず、厳しく監視し、権力犯罪を社会的に暴き出していこう。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]