忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

≪山谷争議団/反失実/山谷労働者福祉会館活動委員会の抗議声明≫

 1・14日雇全協反失業総決起集会/デモにおける3名の労働者への弾圧を許さない!


 2008年1月14日、東京・山谷の玉姫公園において、全国の日雇・野宿労働者、支援者の結集のもと、「佐藤満夫さん・山岡強一さん虐殺弾劾!金町一家解体!日雇全協反失業総決起集会・デモ」が開催された。
 この集会・デモは、1984年12月と1986年1月、ともに右翼ヤクザ金町一家の刺客によって生命を絶たれた佐藤満夫さん、山岡強一さんを追悼し、その死にやりかえす決意をかためるとともに、全国各地で闘われた越年の取り組みを報告する場として、実に22年にわたって毎年開催されてきたものである。

 今年は、この間の各地の情勢の厳しさと、それに抗する運動の前進を反映して、昨年をうわまわる250名もの結集で集会がかちとられた。これに対して、警察は多数の私服を配備するとともに、警視庁第6機動隊120名以上の体制でのぞんできた。
 デモ隊は、これに毅然と対峙しながら進んでいったが、デモの後半近く、機動隊の挑発によって労働者の隊列は大混乱におとしめられた。その過程で3名の労働者が連れ去られた。事態の詳細は定かではないが、仲間の救出や機動隊への抗議の過程での弾圧であったことはあきらかである。
 またこの時、なりふりかまわぬ機動隊員の暴力によって、多くの仲間が傷を負い、めがねを破壊され、靴をぬがされるなどの被害をこうむったことも許されるものではない。
 この第6機動隊のデタラメな弾圧・暴行、デモへの公然たる破壊行為は、断固として弾劾されなければならない。非はあきらかに警視庁第6機動隊が負うべきである。これを恥じてか、2名は2時間後には釈放されたが、警察は、2名に関しては何と「目撃証人として同行を願い聴取した」などと、マスコミに言明したという。自らの失策(誤認逮捕)をとりつくろう、卑劣な捏造である。はっきり言っておくが、2名の仲間は、殴る、蹴るの暴行のあげく連行されたのである。1月15日現在、1名の労働者はなお公務執行妨害の名のもと、拘束されつづけている。
 警察は、マスコミをつかって、今年7月の北海道洞爺湖G8サミットへ向けて、さかんに「過激派がやってくる」キャンペーンをはりめぐらせている。しかし、暴力的で破壊的なのは、何より警察自身であることを今回の弾圧は満天下にしめした。
 われわれは、今回の弾圧に屈することなく、渋谷をはじめ各地での排除の動きと闘い、昨年来の「生存」と「居住」の権利のための取り組みを、さらにすすめていくだろう。

逮捕した労働者をただちに解放せよ!
警視庁第6機動隊の暴行を許さないぞ! 

2008年1月16日 

山谷争議団/反失実
山谷労働者福祉会館活動委員会

拍手[0回]

PR
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]