忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

の
 

三里塚闘争と一坪共有地運動について

日時 7 月19 日(日)/午後1時15分~
場所 東京都しごとセンター5Fセミナー室
(JR飯田橋駅東口下車徒歩7分 
地図
 
■会の内容■
お話 加瀬勉さん(共有地提供者、大地共有委員会(ΙΙ)代表)
DVD上映─成田空港、東峰・木の根・横堀地区、各共有地、旗開き・東峰デモなど
  各地の共有者から発言
カンパ 500円
主催 三里塚芝山連合反対同盟大地共有委員会(ΙΙ)
   三里塚・暫定滑走路に反対する連絡会
連絡先 〒289-1601 千葉県山武郡芝山町香山新田131-4 電話&FAX0479-78-0039


10.22平行滑走路供用強行に抗議する 

 国交省と空港会社は、4月10日、成田空港暫定滑走路北伸工事を10月までに完成させ、2010年3月供用を半年前倒しして10月22日供用を強行することを明らかにしました。フェデックス機大事故(3月23日)によって、各国の航空機170便が欠航、他空港に行き先変更となってしまい膨大な損失となってしまったから、ジャンボ機も離発着できる暫定滑走路北伸早期完成・供用するというのです。

 現在の暫定滑走路を2500mにし、さらに南側に延長して、3500m級の滑走路にすることも明言しています。東峰地区住民の頭上にジャンボ機を飛ばし、今以上の騒音と排気ガスを撒き散らそうとしています。明らかに住民追い出しをねらった暴挙です。これだけではありません。現在年間20万回の発着回数を30万回に増やす計画も明らかにし、空港公害の拡大にひた走っています。

 森中空港会社社長は、「暫定滑走路2500メートル化が実現すれば安全性が高まり、アジアの空港間競争が激化する中、質の高い安全な空港としてアピールしていく」などと発言しています。フェデックス機大事故の事故調査委員会の報告も出ておらず、ましてや具体的な安全対策を提示することもせず、ひたすらアジア国際空港競争からの遅れを取り戻すことを強調しています。羽田空港新滑走路供用と合わせて2010年「航空ビックバン」と称する過密運航化=安全軽視、事故多発が必至です。三里塚農民に連帯し、生存権・環境権・人権を守り抜こうではありませんか。

一坪共有地堅持!農民追い出し許さない

 B滑走路前倒し供用強行に先行して空港会社は、08年12月、空港内に存在する一坪共有地を買収しようと、全国の共有者約千人に売却を迫る手紙を送付し、09年2月にも手紙を再送しました。手紙は、空港問題の歴史的経緯に触れず、反省もなく、「売れ」と言うのみです。利益優先主義が空港会社の一貫した姿勢であり、東峰住民への追い出し強化とともに絶対に許すことはできません。

 反対同盟大地共有委員会は、加瀬勉さんが先頭になって空港会社の一坪共有地売却強要に反撃し、続いて大地共有委員会の声明、ニュースレターの全国発送を行いました。本年の1月11日、反対同盟旗開き後、木の根ペンションで加瀬さんが「一坪共有地堅持 農民追い出し許さない」をテーマに今後の共有地運動にむけて提起し、参加した支援とともにスクラムを強化していくことを確認しました。

 7・19加瀬勉さんを囲む会は、今後の共有地運動を具体的に発展させていくために設定しました。一坪共有者、支援の皆さんぜひご参加ください。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]