忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「天皇制国家と植民地主義を問う」4.28―29連続行動
60年安保50年目の沖縄デー 4月28日に「安保と沖縄」を考える

日時:4月28日(水)
午後6時開場(6時半開始)

場所:文京区民センター・2A(地下鉄春日・後楽園駅すぐ)

講演:新崎盛暉さん(一坪反戦地主会・代表世話人、市民平和連絡会)
 「日米安保体制の歴史と現在、そしてこれから――沖縄からヤマトに問う」

応答:天野恵一(反安保実)「ヤマトの立場から」

●資料代800円


 1952年の4月28日、サンフランシスコ講話条約ま発効によって日本(ヤマト)は沖縄を切り捨てた。国体=天皇制の「護持」のために「捨て石」とした沖縄を、そのままアメリカの自由使用に委ねることで、日本(ヤマト)は占領から脱し、国際社会へ復帰した。この講話条約と同時に成立した日米安保条約は、戦後日本のあり方を基本的なところで規定し続けた。そしてこの日米安保体制も米軍基地の負担を沖縄に押しつけ続けるという「沖縄の構造的差別の上に成り立ってきた」のである。

 60年安保闘争から50年目、普天間基地の「代替基地」をめぐる「県外」「県内」の論議が喧しい。ここで問われているのは、単にひとつの基地の移設先ではない。日米安保体制の歴史、さらには140年前の「琉球処分」以降の沖縄と日本(ヤマト)の関係が問われている。

 ヤマト(私たち)はこの問題にいか向き合い、何を選択するのか。

 沖縄から新崎盛暉さんを招きじっくりとお話を聞き、考える集会を行います。ぜひご参加下さい。

●主催:新しい反安保行動をつくる実行委員会(反安保実)
千代田区三崎町3-1-18 近江ビル4F 市民のひろば気付 FAX03-5275-5989

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]