忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3月27日、代々木公園で「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対する」緊急行動が行われ、700人が参加した。集会には、神奈川と東京の朝鮮高校生230人が駆けつけた。呼びかけは立川朝鮮学校支援ネットワーク・ウリの会で多くの個人、65グループの賛同があった。

d

 鳩山政権は、今国会に高校無償化法案(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律案」)を提出した。しかし中井洽拉致問題担当相の朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁措置の実施等を理由にして朝鮮学校を対象校から外せという主張などに依拠し、その判断を第三者機関に委ね、夏ごろに結論を出すというのだ。

 この判断は、法案に明記している「高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与する」という主旨に反し、新たな差別を作りだしていくものだ。明らかに法の下の平等(憲法第14条)に反しているだけでなく国際人権(自由権・社会権)規約、人種差別撤廃条約、子どもの権利条約が禁止する差別にあたる。すでに法案は衆院で通過し、三月中にも参院で成立する予定だ。鳩山政権は、緊急行動が掲げた「朝鮮学校の子ども達の未来をつぶしてはならない!あたりまえに朝鮮高校を『無償化』の対象に!差別をやめ、朝鮮学校への公的助成を!」の要求を受け入れろ。

鳩山政権による差別・分断を許さない

 集会は、立川朝鮮学校の生徒たちと地域交流を行っている「ハムケ・共に」の歌から始まった。

 主催挨拶が松野哲二さん(ウリの会)から行われ、「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対するために、そして差別なく無償化を求めている全国2000名の高校生と連帯するために、ここに結集しました。政府は、私たちの要求を逆らうように第三者機関なるもので差別・選別の方向に舵を取ろうとしている。集会には針のむしろにさらされている神奈川と東京の朝鮮高校生が参加しているが、心からの連帯をしていこう。鳩山政権は、差別の固定化を行おうとしている。在日コリアンと日本人の友情と絆を分断させてはならない。第三者機関なるものを許してはならない」と訴えた。

 朝鮮高校卒業生でもある金舜植弁護士は、法案をめぐる情勢報告を行い、「朝鮮高校が日本の高校過程に類するかどうかを第三者機関で審査し判断するというが、これは朝鮮と日本の国交がないという政治問題をも持ち出して子どもの教育を受ける権利の否定だ。なぜ朝鮮学校が対象となるのか。教育課程が朝鮮高校と日本の高校と類するかをどのように判断するというのか。朝鮮学校を除外する合理的な理由が見当たらない。だから日弁連、第二東京弁護士会、大阪、京都、埼玉、福岡、神奈川の弁護士会の会長声明で『もし除外するようなことがあったら日本の憲法、諸人権条約に違反することは明らかである』と発しています。弁護士有志の会は、鳩山首相、川端文科相に申し入れをしている。。最後まで諦めないで学ぶ権利の保障を守り抜こう」と報告した。

 朝鮮高校生の悲しみと怒り

 駆けつけた朝鮮高校生からアピールが行われた。

 東京朝鮮高校の生徒は、「高校無償化から朝鮮学校から外されると聞いて、とても不安ですし、怒ってもいます。朝鮮高校の無償化除外と民族差別に反対する運動のお力をかしてください」。

 同高生徒は、「法案自体は素晴らしいと思っている。一人でも多くの子どもが学べるなら、こんなに幸せなことはないと思うからです。しかし朝鮮高校は、対象外になってしまいました。私の存在が否定されたように感じました。友達がインターネットの掲示板で『在日は朝鮮に帰れ』と書かれていて、とても悲しんでいました。私も悲しみ、怒りがこみ上げてきました。大人たちが子どもたちの学ぶ権利を奪ってはならないと思います」。

 神奈川朝鮮高校の生徒は、「この問題を知って以来、署名運動、要請運動を取り組んできた。スポーツや勉強の面からも日本学校と変わらない力を持っていると思います。しかし今回の問題は不当な差別だと思っています。学校は自分たちで守り抜き、自分たちの未来は自分たちで切り開いていかなければならないと強く思いました。皆様と共に闘っていきたい」。

 さらに神奈川朝鮮高校の教員、鳩山政権に申し入れを行った保護者から「高校無償化」からの朝鮮学校排除反対を訴えた。

 次に日本人から枝川朝鮮学校支援都民基金共同代表の中村まさ子さん(江東区議)、日朝友好促進東京議員連絡会の上杉 裕之さん(世田谷区議)、地方議会状況の報告を漢人明子さん(小金井市議)、日朝交流活動を取り組む東京教組、高校無償化措置を朝鮮学校に適応することを求める大学教員の要請運動を取り組んでいる鵜飼哲さん(一橋大教授)から発言が行われた。

 集会の最後に「集会決議」を採択し、渋谷デモに移った。

 デモでは「高校無償化をすべての学生に!教育の差別に反対!子どもは平等だ!排外主義反対!」などのシュプレヒコールを渋谷一帯に響かせた。

(Y)

拍手[15回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]