忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第2回 成田プロジェクト:航空・連続セミナー 

地方空港はなぜ増えつづけてきたのか
─静岡空港、新石垣空港から考える─

講師 桜井建男さん(空港はいらない静岡県民の会事務局長)
 生島 融さん(八重山・白保の海を守る会事務局長)

日時:4月17日(土)午後2時00分開始

場所:文京区シビックセンター5階C会議室
 (地下鉄南北線・丸ノ内線後楽園駅/大江戸線・三田線春日駅下車が便利)   
             

資料代:500円

 この狭い日本列島に100近い空港がひしめいています。地方自治体管理の空港58のうち、53の空港が着陸料では必要経費が賄えないといいます。それでもなお、3月には「茨城空港」の開港が予定されています。どの空港も建設のプロセスで、事前に多くの批判・反対の声があったにもかかわらず、それを無視して強行されてきました。それは成田空港の場合とまったく同じだと思います。

 「日本航空」の破綻の原因として採算無視の国際・国内路線就航、放漫経営などが挙げられています。会社更生法により再建を進める日航の会長に就任した稲盛和夫氏(京セラ会長)のもとで、国内線からの撤退が実行されていけば、さらに立ち行かなくなる空港が続出するのではないでしょうか。住民の利便性を謳って建設した空港が、今度は住民の重い足かせとなるおそれがあるのです。

 98番目に開港した「静岡空港」、長年の反対運動の歴史をもつ「新石垣空港」の話を聞きながら、豊かな自然を破壊して空港をつくってきた面から、そして航空行政の矛盾を解く面からも皆で考えたいと思います。

主催:成田プロジェクト(「いま成田空港で何が起きているのか」プロジェクト)
    (ブログ:http://www.www2.nikkanberita.com/naritapj/

後 援:七つ森書館

連絡先:東京都千代田区三崎町2-13-5 影山ビル
     協同センター・労働情報気付 ファクス:03-6675-9097

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]