忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月26日、「原子力空母G・ワシントン火災事故真相等を求める市民シンポジウム」に参加しよう

(午後6時/ウエルシティー5F JR横須賀駅)
http://cvn.jpn.org/cvn/

主催 原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会

 

ジョージ・ワシントンの火災事故は相当深刻?
原因等の真相究明と情報公開を!

5月22日に、横須賀に向かう途中で火災事故を起こした原子力空母ジョージ・ワシントンの被害は相当深刻なようで、新聞報道によると、配備予定に1月以上の遅れが出るのではないかとのことです。(被害状況は米海軍のホームページ参照)問題点として、

a.. 火災の被害は数十区画に及んでおり、弾薬、航空用燃料、原子炉が艦内にあるのだから 一歩間違えば原子炉事故に繋がりかねない点で、原子力空母の危険性を示している。


b.. 電気ケーブルが、他の区画への延焼の原因となっているが、それでよいのか。このままでは緊急時の原子炉事故の引き金となるのではないか。これに対する再発防止体制をどう確立するのか。

c.. 一説には、艦内の可燃性物質の保管が不適切であったことが、火災拡大の原因となったと言われているが、このような人為的要因も原子力空母の危険性を示している。

d.. 火災から1月以上立ったのに、未だに火災の原因が明らかになっていないのは、どう考えても理解できない。原因が明らかにならない以上、再発防止もありえない。

e.. 少なくとも、本件火災についての完全な情報公開(航海日誌、事故調査記録、原子炉の運転記録等)、原因等の真相究明、被害の完全な修理、再発防止計画の策定と実行が、日本側に明らかにされるまで、日本政府や横須賀市は、配備をしないよう、求めるべきである。

 この問題につき、住民投票を成功させる会では、原子力空母火災問題真相究明を求める市民シンポを、7月26日(土)午後6時に、横須賀市内のウエルシティー会議室(京急逸見駅ないしJR横須賀駅歩5分)で行います。ご参加下さい。

横須賀市への緊急申し入れ書
(PDFファイル)

7月26日 シンポジウムのチラシ(PDFファイル)

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]