忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



高江現地からリポート

大使館から200mほど離れたJT本社ビル前には、年初にも関わらず100人近くの人が集まり、30分ほどの集会を行った。また地元高江の現地から携帯電話で報告を受けた後、いざアメリカ大使館へ行こうとすると、大勢の警官が歩道に阻止線を張って、集会参加者 の行く手を遮る。

主催者側は、事前にアメリカ大使館へ申し入れを行うことを通告し、先方もそれを承諾しており、さらに「50~100人程度の人数が行く」ことも伝えているにもかかわらず、警察は理由も言わずに通せんぼだ。

許しがたい日本警察の横暴にみる日米同盟

法的根拠をいっさい明らかにせず、フツーに通行できる大使館までの道のりを、彼らの胸先三寸で、というよりも平和運動を標的に、交通の権利を暴力的に奪うという許しがたい暴挙に全員が「通せ! とーせ!」と何度もコール。

さらにアメリカ大使館へ直接電話すると、先日約束したにも関わらず、警察の指示に従う旨を語って、一方的に電話を切った。

何をかくそう、法的根拠も述べられないこの日本警察は、事実としてアメリカ大使館のガードマン、使いぱっしりにしかすぎないということだ!

韓国からも連帯アピール

1時間半以上の押し問答を行いったが埒があかず、代表者3名と随伴者3名がアメ大へ行くことになった。

待機部隊は、その間申し入れ文書内容を拡声器を使って読み上げる。

韓国の市民運動団体からも連帯メッセージが送られ、韓国済州島のイージス艦母港となる海軍基地建設計画と、その阻止闘争が報告された。
http://henoko.ti-da.net/e2708948.html

一方アメ大では、代表者側に報道関係者の撮影を大使館側が拒否すると、それを引き受けて、警察が撮影者を排除するなどし、アメ大と警察が見事に連携していることを自己暴露した。

最後に、もう一度高江ヘリパット建設を許さないことを確認し、警察の横暴を許さない抗議のシュピレヒコールを行った。

寒風が荒れすさぶものの、終始楽器が鳴らされ、それに合わせるかのようにバルーンのジュゴンも 身を打ち震わせて怒りのダンスを踊り続けた。

(か)

拍手[4回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]