忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 9月18日、郵政労働者ユニオンは関東地本の千葉支部(千葉緑支店)、船橋支部(船橋支店)、栃木支部(佐野支店)で日本通運ペリカン便とゆうパックの宅配便事業統合(JPEX統合)に伴う、郵政非正規労働者の雇い止め、委託契約解除による解雇や、「雇用調整」という名の勤務日数・勤務時間の大幅短縮による生活破壊に抗議して、当該契約社員の組合員を中心に十人がストライキ闘争に決起した。

f


 10月1日のJPEX統合が延期になったにもかかわらず、ストライキ突入前日の9月17日段階で雇い止め解雇、契約解除、「雇用調整」措置は撤回されていない。郵政労働者ユニオンへの相談だけでも組合員をふくめて百人以上が解雇通告を受けている。三重県の四日市西支店では三十二人の期間雇用社員が雇い止め通告を受けた。愛知県の千種支店では二十人の委託労働者が契約解除となり、郵政労働者ユニオンに結集することになった。愛知県の田原支店では二十人が、静岡県の焼津支店では八人が、船橋支店では三人が雇い止めとなった。

 群馬県の伊勢崎支店では10月1日から、一日六時間・週五日雇用の期間雇用労働者が一日六時間・週二日雇用となり、年収百万円以下・社会保険も適用されないことになった。栃木県の佐野支店では同じく10月1日から、一日六時間・週五日雇用の期間雇用労働者が一日四時間・週三~四日雇用となり、月収十万円以下、社会保険が適用されなくなった。非正規労働者の雇用と生活をかえりみないこうした攻撃に対決して、郵政労働者ユニオンは全国闘争として関東地本での指名ストに立ちあがったのである。それは鳩山政権の下での最初のストライキ闘争だった。


 9月18日、関東地本を中心に全国から結集した郵政労働者ユニオンの組合員と支援の仲間は午前七時半から船橋郵便局前に百人以上が参加してスト突入集会を行った。船橋支店には四百五十人の期間雇用社員が働いているが、全国でも突出した非正規切りを行っている。昨年にも二人が雇い止めされたが一人は完全撤回を勝ち取り、もう一人も勝利和解した。船橋でのストライキは、こうした不当な攻撃を跳ね返す決意をこめて設定されたものだ。局前でいくつもの横断幕を広げ、赤旗を林立させた集会に、監視の会社側管理者はなすすべもない。

 郵政労働者ユニオンの松岡委員長は、JPEX統合が延期されたにもかかわらず期間社員などの雇用危機は続いており、各支店で解雇・雇い止めが乱発されていることを糾弾。「雇用調整」による労働時間短縮で手取り収入が三分の一になる期間雇用労働者がいる、と報告した。さらに「9月11日の対総務省交渉で、労働条件切り下げ、解雇・雇い止め、委託契約解除の撤回を申し入れた。今こそ日本郵政を社会的に包囲する陣形を」と訴えた。

 午前八時からストに突入する船橋支部の六人(4人が1時間スト、2人が8時間全日スト)が簡潔で力強い決意表明を行った。関東地本の椿書記長は、ゆうパック配達の期間雇用社員のうち半数以下しかJPEXに移行できず、二人のユニオン組合員にも雇い止め解雇通告がなされている、と報告した。さらに千葉緑支店では女性二人を含むゆうパック配達の期間雇用社員に四輪自動車での配達から経験のないバイクでの配達に移行するよう指示が行われており、それは事実上やめろというのと同じだ、と椿さんは怒りをこめて抗議した。山岸交渉部長が八月一日以降四度にわたる交渉の経過を説明した。全く誠意ある回答を行っていない会社側の対応を山岸さんは厳しく批判した。

 この日ストライキに立ちあがった栃木支部佐野分会の丹羽さんは、「労働時間の短縮で賃金がこれまでの三分の一に減額される非正規労働者がいる。労働時間の変更に応じるか応じないかの二者択一を突きつけ、応じられないと答えたら雇用継続はありえない、ということになっている。9月14日に佐野局前で集会を行ったら、営業妨害だとして警察を呼んだ。私たちは局の都合に合わせて働いてきた。今までの労働条件で働きたいと言っているだけだ」と怒りをぶつけた。

 連帯のあいさつが国労千葉支部の小林書記長、新社会党千葉県本の上野建一さん、郵産労、N関労(東日本NTT関連労組)、シルバーユニオンの吉野信次さん、鉄建公団訴訟原告団の岩崎さん、電通労組の鏡さん、全日建連帯労組の池田さん、ATTACジャパンの安蒜さん、全労協の中岡事務局長から行われた。さらに社会党参院議員の又市征二さん、ゆうパック委託契約労働者二十人で結成した郵政労働者ユニオン東海地本千種支部からのメッセージが紹介された。全国から代表参加した郵政労働者ユニオン九州地本、中国地本、近畿地本、東海地本、東京地本、新潟支部の仲間たちも各地の闘いを報告した。

 午前十時まで二時間半にわたって行われた集会の最後に、局に向かってシュプレヒコールを叩きつけ、仲間たちはただちに千葉緑郵便局でのストライキ闘争にかけつけ、午後は総務省での交渉に臨んだ。

 9月18日のストライキは、多くの期間雇用労働者の共感を呼び、多くの激励が寄せられている。それだけではない。この日の闘いを受けて、雇い止め解雇の撤回、JPEX移行の中止と郵便事業会社との再雇用契約、四輪自動車でのゆうパック配達の継続などの成果が次々に報告されている。

 鳩山政権の成立と「郵政民営化見直し」の動きは、確実に小泉・竹中「改革」路線の焦点だった郵政民営化の矛盾と破綻を暴きだし、反撃の水路を切り開いている。郵政労働者ユニオンの9・18ストはその最先端に立つ闘いであった。(K)

拍手[4回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]