忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5・16アジ連公開講座

 フランスはいま 
LCR(革命的共産主義者同盟-第四インターナショナル・フランス支部)からNPA(反資本主義新党)へ 

c


 

日時 5月16日(土)午後6時半

場所 文京シビックセンター4B 
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

報告 湯川順夫さん(フランス社会運動研究)

主催 アジア連帯講座

テキスト代 500円
●LCRからNPAへ 解題(「かけはし」編集部)
●「第四インターナショナルとの関係を明確にすること」フランソワ・サバド/『ルージュ』(二二八六号、二〇〇九年二月一二日) 
●「闘いは続く LCR第一八回大会─解散大会」フランソワ・クスタル
●「LCR 1969-2009かつて『リーグ』(同盟)があった」フランソワ・
クスタル/『ルージュ』(二〇〇九年二月一二日、二二八六号)
●「反資本主義新党が結成された 反資本主義の希望」ピエール・フランソワ・グロン/『ルージュ』(二二八六号、二〇〇九年二月一二日)
●「NPA結成大会 二〇〇九年二月六、七、八日」フランソワ・クスタル
●「二十一世紀の社会主義を目指して 結成原則」フレデリック・ボラス
●「規約 民主的な党のために」ピエール・フランソワ・グロン
●「一般政治決議 活動へ」ミリアム・マルタン
●「明確な持続的統一に賛成! 欧州議会選挙」サンドラ・デマルク
●「インターナショナリズム すべての国から」フランソワ・サバド

 フランス社会運動研究家の湯川順夫さんに「フランスはいま LCRからNPAへ」というテーマで解説、問題提起を行っていただきます。

 2009年2月初旬、LCR(革命的共産主義者同盟、第四インターナショナル・フランス支部)は、全国大会を開き、NPA(反資本主義新党)に結集することを決定しました。LCRの3200名の党員は、すでに9000名以上の党員が結集しつつあるNPAに合流して闘うことになったのです。社会党と共産党の伝統的左翼の左に位置する全国的で大衆的な反資本主義的政治潮流の結成のための新たな段階が始まりました。

 さらに、NPAの結成大会は、大衆的な革命党を目指し、力強いスクラムを打ち固めました。大会では、ベルリンの壁の崩壊、新自由主義的グローバリゼーションの全面的展開、9・11、地球規模の環境危機、金融危機の端を発した資本主義世界体制の根本的危機、という新しい時代、新しい局面の中で、従来の歴史的な政治的分化を超えた新しい大衆的な反資本主義政党を建設していくことを確認しました。この新党を準備する上で、LCRが決定的な役割を果たし、今後もきわめて重要な役割を果たし続けることも明らかです。

 すでにフランスでは、労働組合運動におけるSUD系組合の誕生をはじめとして、失業者の運動(AC!)、ホームレスの運動(DAL)、フランス農民連盟などのさまざまな社会運動の結成とその急速な発展が始まっていました。とりわけ1995年の公共部門のストライキ闘争は、新自由主義的改革の導入を目論んだジュペ計画を破綻に追い込んでいました。社会の連帯による闘いによって打ち破ることが可能であると初めて実感するに至ったのです。同時に、新自由主義路線に屈服する社会党やCFDTの指導部が闘いに反対したにもかかわらず、闘いが打ち抜かれ勝利したのです。つまり、新自由主義に反対する急進的な流れが、社会党やCFDTの伝統的流れを圧倒するという新たな力関係が成立していたのです。

 攻勢的闘いは続きます。2005年の欧州憲法条約の国民投票をめぐる攻防では、新自由主義の精神に貫かれたこの憲法条約に、社会党や緑の党の指導部の多数派も賛成していたので、当初はこの国民投票ではすんなりと賛成派が圧勝するとみなされていた。ところが、新自由主義に反対する左派勢力のキャンペーンが次第に人々の支持を獲得し、最後には社会党や緑の党の支持者の過半数も反対に回り、この憲法条約は否決されたのです。社会運動レベルでの力関係が、この時点からついに政治レベルにも徐々に浸透し始めたのです。

 続いて、統一大統領候補を2007年に擁立する全国運動を形成しました。統一候補擁立のこの試みは、最終段階での共産党の脱落とセクト主義によって挫折しましたが、実際の大統領選挙戦では、社会党指導部から政治的に独立した全国政治潮流を形成するという闘いを引き継いだLCRの大統領候補、ブザンスノーが「旋風」を巻き起こしました。ブザンスノーの得票は、「労働者の闘争派」などの他の急進派潮流を圧倒的に引き離しただけでなく、共産党の二倍であり、共産党との力関係も急激に変わろうとしていることを示しました。

 以上のような闘いを引き継ぐ形でNPA結成へと結実したのです。NPAは、結成時点で9000人、470支部でしたが、今日の資本主義体制の深刻きわまりない危機の中でその党員は増え続け、一万人に達しつつあると言われています。新党は、新自由主義に反対するだけでなく、資本主義体制そのものを射程にしています。それは、資本主義の「行きすぎ」や「逸脱」を「緩和」したり、「手直し」しようとするものではありません。すなわち、所有関係の根本的な変革を、世界の私有化に反対して人類の共有資産の擁護を、私的利益に立つ計算に反対して社会の連帯を、差別に対して平等を実現して社会を根本的に変革しようと目指しています。

 NPAの闘いから学ぶべきことは、多々あり、現在の日本の社会運動にとって重要な示唆を提示しています。NPAの新たな闘いに注目し、闘うフランス民衆に連帯していこう。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]