忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月27日、イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザ地区に向けてミサイル攻撃などを行い、現在までに死者は少なくとも225人、負傷者が400人に達していると伝えられている。今年2月27日に百名以上を殺害した空爆を上回る大虐殺である。

イスラエル政府はこの攻撃を「ハマスのロケット弾攻撃に対する報復であり、ハマスの軍事施設への攻撃」などとしているが、実際はまたしても非戦闘員をも殺害することを前提とした軍事作戦であり、絶対に許すことはできない。

g

今回の大虐殺について、反シオニズムに拠るパレスチナ人-イスラエル人共同のグループであるオルタナティヴ情報センター(AIC)がイスラエルを糾弾する世界的な抗議行動を呼びかける声明を発した。

以下、翻訳して転載する。

m

東エルサレムでは若者たちが虐殺に抗議行動

…………………………………………………
AICの緊急声明

ガザへの攻撃・殺戮に抗議し、市民社会の動員と国際的制裁をよびかける

オルタナティブ情報センター(AIC)

オルタナティブ情報センター(AIC)は、今日、イスラエル空軍がガザ地区に対して行った攻撃・殺戮を非難する。

 この攻撃によって(現在の時点で)150人以上のパレスチナ人が殺された。AICは全世界の社会運動団体に対して、このイスラエルの戦争犯罪に反対する運動を起こすよう呼びかけ、国際社会がイスラエルに対する制裁を発動し、ツィピ・リブニ、エフド・バラクをはじめとするイスラエルの政治および軍事的リーダーたちの、イスラエルの選挙プロセスの一環として行われたこのあからさまな戦争犯罪を告発するよう要求する。

 ガザ地区に対するイスラエルの軍事攻撃は、イスラエルが主張しているような、イスラエルによる占領と継続的な包囲に対するガザ民衆の抵抗に対する報復などではなく、ガザ地区におけるハマスの政府を排除するという公言されている目的の一環である。イスラエルはブッシュ政権の最後の時間を活用して、軍事力によって政治的変更をもたらすという執拗な、しかし効果のない新保守主義的政策を実現しようとしている。

 西岸の主要都市でガザ地区に対するイスラエルの攻撃に抗議するデモが計画されている。今日、テルアビブではパレスチナ人とイスラエル人の共同のデモが行われる。

声明の全文(英語)は:http://www.alternativenews.org/news/english/aic-condemns-deadly-attacks-on-gaza-calls-for-civil-society-mobilization-international-sanctions-20081227.html

背景(英語)については:http://www.alternativenews.org/news/english/israel-planning-military-assault-on-gaza-strip-20081225.html

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» イスラエルも相変わらず・・。
やはり停戦できないのでしょうかね。 【カイロ支局】パレスチナ自治区ガザ地区の空爆を続けているイスラエルのオルメルト首相は31日、治安閣議で、「ロケット弾攻撃が続いているのに停戦はできない」と述べ、戦闘を継続する姿勢を鮮明にした。フランスなどが進めるイスラム原理主義組織ハマスとの暫定停戦案を拒否したものと受け取られている。 フランスはクシュネル外相が、ガザ地区への人道支援物資搬入のため48時間停戦を...
URL 2009/01/01(Thu)12:04
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]