忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヨーロッパ青年キャンプを開催
NPA青年書記局(『Tout est à nous ! トゥテタヌー! すべては我々のもの!』22号 2009年9月17日)
http://www.npa2009.org/content/rencontres-internationales-de-jeunes

 今年、ヨーロッパ国際青年キャンプは、ギリシアで開催され、全ヨーロッパから460名の青年が参加した。フランスのNPA(反資本主義新党)からも106名が参加した。

サ

 毎年、前LCR(革命的共産主義者同盟)が所属し、今日、NPAがその関係を保持し続けている第四インターナショナルは、反資本主義的で革命的な青年活動家を結集する一週間のサマーキャンプを組織している。第四インターナショナルに所属する組織のメンバーやシンパ組織や友好関係にある組織のメンバーなどが、ギリシア、イタリア、スペイン、フランス本土、マルチニック、ポルトガル、ベルギー、スイス、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フィリピン、メキシコ、ブラジル、トルコからやって来た。今年は、ポーランド、ロシア、ベラルーシ、クロアチアなどの東欧諸国からも参加したという点に注目しなければならない。こうした出会いの機
会に、青年活動家たちは、自分たちの闘争経験を交換し、全世界で青年と労働者が受けている攻撃について語り、資本主義を打倒するために資本主義の機能とメカニズムのよりよい理解を育むことができた。

 今年は、経済危機についての討論を深め、危機が全世界の労働者にもたらしている悲惨な結果の度合いを測る機会となった。大量の解雇、爆発的に拡大する失業、強まる抑圧、公共サービスと教育の分野での新自由主義的な対抗改革、などが危機の結果となっているのだ。教育分野における類似した改革が、フランス、イタリア、スペイン、クロアチアで行われてきた。

 全世界の至る所で重要な闘いが存在していることを確認することによって、キャンプ参加者たちは自分たちの抵抗する力について再び自信を当たられることとなった。昨年12月、ギリシアは、警察の弾圧や青年の生活条件や損なわれた青年の将来に反対する青年の大規模な反乱に見舞われた。教育の分野では、とりわけ大学において、重要な闘いがフランスやイタリアで展開されている。大学の学部が、クロアチアやスペインでも占拠されている。

 資本主義の危機と伝統的左翼の右傾化の進行に直面して、抵抗を組織する能力のある党を建設することが中心問題である。ギリシアでは、革命的左翼は、12月の反乱を中心として革命的左翼が結集しているし、スペインでは伝統的左翼から独立した党が結成され、欧州議会選挙の時に政治の舞台に登場した。こうして、サマーキャンプは、反資本主義の新党の建設をめぐる意見の交換の重要な機会となった。

 フランスのわれわれ青年活動家は、NPA(反資本主義新党)結成の過程についてのわれわれの経験を他の国の青年活動家と共有してもらうことができたし、われわれ自身は他国の経験を学んだ。NPAのよりいっそう多くの青年活動家が今後、青年キャンプに結集し、それを通じて生きた国際主義を経験するものと期待している。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]