忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



220人を超える在日エジプト人会が
ムバラクの退陣を求めて渋谷をデモ

 
 チュニジア独裁政権を打倒した北アフリカ人民の闘いはアラブ諸国の独裁体制を揺るがす闘いに発展している。特に、エジプトにおいて三〇年にわたり独裁政権を続けるムバラク退陣の闘いは一〇日間連続で続けられている。ムバラクは九月の大統領選挙には出馬しないと言いつつ、政権の座を守るために側近政治を続けている。そして、首都カイロにおける座り込みに対して、武装したムバラク派を登場させ、流血の惨事にいたっている。すでに、数百人の市民たちが殺されている。二月四日の金曜礼拝の後、全土で百万人を超える決起によって、最後的にムバラクを追放する闘いにエジプト人民は決起した。

 そうした本国の闘いに呼応するために、在日エジプト人会が二月五日午後一時から恵比寿公園に集まった。思い思いのプラカードや国旗を持っている。プラカードには次のようなスローガンが掲げられた。

「ムバラクはエジプトから出ていけ」「人権を尊重せよ」「社会正義の実現を」「エジプトに自由を」「腐敗に立ち向かう」「自由を!自由を!」「パンを 自由を 尊厳を」。

日本式の集会ではなく、「ムバラクは出て行け」などの掛け声を全体で唱和することが何度も繰り返された。そして、アラビア語、英語、日本語で要求が読み上げられた。

「エジプトはいつでも自由の国だ。ムバラク体制の即時退陣を求めるためにデモを行う。人権の実現、腐敗・貧困・不正義の撲滅、より自由・社会正義を求める。以下のような要求をする。一、ムバラクの即時の退陣。人民議会の解散。二、厳戒令・非常事態宣言の解除を求める。三、ムバラク退陣の後、早急な挙国内閣の実現。四、国際社会の監視の下、自由な選挙を。五、憲法の改正、国民による選挙を。六、暴力行為を調査する独立の調査委員会の設置を。七、大学における独立性の確保。八、国際社会の支持を求める。勇ましく闘っている国民に多くの支持を」。

二二〇人を超えるエジプト人が渋谷に向かってデモを行った。デモでは次のような呼びかけが行われた。「数百万人が命をかけて闘っている。エジプトの闘いに連帯して在日エジプト人は闘う。三〇年間に渡って、弾圧と腐敗、正義のないひどい目にあわされてきた。自らの力によって、自由を得ようとしている。国際社会の支援が必要だ。エジプトに民主化を」「反政府デモはエジプト各地に広がっている。このデモは単なる反政府デモではない。革命を起こしている」。

 なお、同時刻にアジア連帯講座をはじめ日本人のグループがエジプト大使館行動を行った。(M)


c

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]