忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

68396630.png1.13三里塚スタディーツアー
「グローバリゼーションと成田空港を考える

<この企画は「WSFあらかわ1・26グローバルアクション」の取り組みの一つです。>




スタディーツアー・コース(予定)

08年1月13日(日)、京成東成田駅タクシー乗り場/11時20分集合(京成上野発特急 午前10時03分乗車・京成成田11時10分着、芝山鉄道乗り換え11時15分・東成田駅11時20分着)

正午 横堀農業研修センター 08年三里塚反対同盟旗開き

午後2時頃 片づけ・移動開始 横堀大鉄塔→東峰地区(らっきょう工場)→木の根
ペンション 大野・平野ミニ講座→4時30分頃 京成東成田駅解散

呼びかけ 山下一夫(アジア連帯講座) 東京都渋谷区初台1-50-4-103
 03-3372-9401 FAX03-3372-9402

 


 08年1月13日(日)正午、08年三里塚反対同盟旗開き(世話人 柳川秀夫)が三里塚の横堀農業研修センターで開催されます。旗開き参加後、成田空港を一望できる横堀大鉄塔→暫定滑走路騒音直下の東峰地区→A滑走路を目の前で見れる木の根ペンショ ンというコースのスタディーツアーを「WSFあらかわ1・26グローバルアクション」 の取り組みの一環として企画しました。

   木の根ペンションでは、大野和興さん(地球的課題の実験村)、平野靖識さん(東峰地区・らっきょう工場)から「三里塚を根拠地にしながらも地球規模で人と人、 人と自然が入り会い共生する場」を取り組んできた経験や問題提起を受けたいと思います。

 三里塚は今、どのような時代の流れのなかに存在しているのでしょうか。政府はアジア・ゲートウェイ戦略構想(07.5)の航空分野で「24時間国際空港化」「航空の自由化」を柱にした「航空ビッグバン」を掲げました。これは「WTO体制の維持・強化」「東アジア全域におよぶEPA(経済協定)」の締結などを強調していた御手洗ビ
ジョンをバックボーンにしています。資本のグローバリゼーションにとって、この構想をなんとしても実現しようと加速させ、とりわけ2010年の成田B滑走路、羽田再拡張滑走路完成による首都圏空港一体運用による航空再編をねらっています。

 しかし空港開発による膨大な財政支出、環境破壊、過密運航による安全軽視が実態です。すでに規制緩和、過密運航、航空会社整備分野のリストラなどを要因とする航空機事故が多発しているではありませんか。規制強化、安全重視を柱とした航空行政が求められているはずです。民衆の生存権が脅かされているのです。

 さらに成田空港B滑走路完成にむけて東峰地区をフェンスで囲み、新誘導路建設のために東峰住民の入会権が存在しているにもかかわらず「東峰の森」を破壊するなど住民追い出しを強めています。「東峰の森」は東峰地区の農業・生活環境を守り、水源涵養林、防風林、堆肥用の落ち葉など営農活動に不可欠な存在でした。また、頭上40メールにジェット機が飛び、轟音と排気ガスをまき散らし続けています。

 成田空港建設で長年にわたって三里塚農業と環境が破壊され、今、住民の生存権が脅かされています。三里塚スタディーツアーで空港建設とグローバリゼーションの現実をともに考えてみましょう。

拍手[0回]

PR
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]