忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

沖縄では、26日に県内八団体が会合を開き、2月10日に発生した米兵による中学生レイプ事件と頻発する米兵犯罪に抗議する超党派の県民大会を事件が発生した北谷町で3月23日に開催することを決定した。八団体は、県議会が中心となって大会を開催するよう、県議会に要求する。また、大会後のデモ行進も予定している。

沖縄では、八重山を含む全市町村議会が二月中にはこの事件への抗議決議をあげる見通しであり、多くの決議が、「度重なる事件・事故の発生は米軍の再発防止策の弱さと日米地位協定の運用改善のみでは対処できない現実を示すもの。あらためて抜本的な解決策を求める必要がある」「米軍基地の一層の整理縮小と海兵隊を含む兵力の削減」(竹富町議会)としており、真の「再発防止策」である「基地の縮小・撤去」に向けた大きなうねりとなりつつある。

 沖縄とつながる米軍基地撤去のうねりを「本土」でも巻き起こそう!

(F)

**************

県民大会来月23日 米兵女子中学生暴行事件
2月26日15時59分配信 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31715-storytopic-3.html


 米兵女子中学生暴行事件に抗議する県民大会について、県婦人連合会(沖婦連)と県子ども会育成連絡協議会(沖子連)などは26日午後、那覇市の県婦連会館で会合を開き、大会を3月23日午後2時から北谷町で開催することを決めた。会場は北谷公園野球場前広場で調整中。雨天時には北谷町のちゃたんドームで開催する。

 大会名は「米兵による少女・婦女子への暴行事件に抗議する県民大会」に決定。大会終了後に会場周辺をデモ行進する。

 会合には沖婦連と沖子連のほか、県老人クラブ連合会、県高校PTA連合会、青春を語る会、県青年団協議会、沖教組、高教組の各代表が出席した。

 19日の初会合で、県民大会の開催期日について参加者から4月以降の開催の意見が出たが、「期日が延びれば、被害少女への負担が大きい」との意見もあり、その後、早期開催を目指していた。

 26日の会合後、玉寄哲永沖子連会長らは県議会を訪ね、県議会が中心となって県民大会を実施するよう求める陳情書を提出する。

最終更新:2月26日15時59分

拍手[0回]

PR
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]