忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 十二月十六日、日本教育会館大ホールで「開示勧告から1年 - 今こそ全証拠の開示と事実調べを」狭山事件の再審を求める市民集会が同実行委員会の主催で開かれた。会場には全国からかけつけた部落解放同盟員らで埋め尽くされた。

s


 二〇〇九年十二月の東京高裁による開示勧告を受けて、二〇一〇年五月に三十六点の証拠開示が行われた。その中に、石川一雄さんが四十七年前の逮捕当日に書いた上申書があった。犯人が出した脅迫状の字体と似ても似つかないものであった。開示された取り調べテープは自白後のものであり、犯人ではないとしていた自白前のものが開示されなかった。さらに、殺害現場の血痕検査報告書など三点を「不見当(見当たらない)」と回答した。十二月十五日に、三者協議が開かれ次回は三月に決まった。全証拠の開示と事実調べによって再審の扉を開かせよう。足利事件、布川事件など再審無罪が次々と出されようとしている「新しい風」の吹く中で狭山闘争は二〇一一年こそが再審開始・無罪判決を勝ち取る正念場になっている。

 集会は組坂繁之さん(部落解放同盟中央本部委員長)の開会あいさつの後、辻惠さん(民主党、衆院議員)、福島みずほさん(社民党党首)があいさつを行った。

 辻さんは「狭山弁護団の一員として三者協議に参加したが予断を許さない。連帯と共同行動の強化が必要だ」とし、さらに取り調べの可視化法案を時期国会に提出したい」と述べた。狭山弁護団の一員でもある福島さんは「狭山は大きく動き、変わってきている。三十六点の証拠開示がされたがすべてではない。自白録音テープは自白の後のものだけだ。殺害現場を撮影した八ミリフィルムは見当たらないと回答している。では撮影したと報告がある警察にちゃんと言っているのか。事実調べをやって欲しいと裁判長に要望したが、裁判長は即答しなかった。事実調べをかちとり再審を開始させよう」と訴えた。

 次に当事者の石川一雄さんが「新たな証拠開示によって、脅迫状と私の書いたへたな字の上申書が一致しないのは誰が見ても分かってもらえるだろう。私は万年青年だ。自分が無実を勝ちとってから歳のことを考えたい。前進あるのみだ」と勝利に向けてがんばるとの決意を語った。連れ合いの早智子さんは「事実調べをやってくれれば無罪判決出せる。狭山には風が吹いている。正義はわたしたちのものだ。三者協議は前進があった。凍っていた司法の壁が溶け始めている。来年は決戦の時だ。良き年になるように願っている」と語った。

 続いて、中山武敏弁護団長と中北龍太郎弁護団事務局長が裁判の状況について報告した。

 四十七年ぶりに五月二十三日に逮捕された時に提出した上申書の石川さんの字と脅迫状の字はまったく違っている、詳しく上申書と脅迫状の字体や文体の違いを明らかにした。さらに、不祥事で検察が責められるが、検察の暴走を止められない裁判所の責任が看過されていないか。判検交流など、検察とのなれあいを廃止されるべきだと述べた。次回、三者協議が三月に開かれるが、新証拠を出して、証拠開示と事実調べを要求していきたい、と述べた。

 庭山英雄さん(市民の会代表・弁護士)は「イギリスでは法曹一元化が進んでいる。弁護士が元になって、検察官や人権をちゃんと勉強している人を裁判官に推薦するので、証拠を隠すようなことはしない」と証拠開示は他の国では当たり前であることを紹介した。次に松岡徹さん(部落解放同盟中央本部書記長)が「狭山事件は警察・検察によってつくられたえん罪事件だ。百万人署名など運動的にがんばってきたが、解決の道は政治の力が大切だ。取調べの可視化法案の成立を実現しなければならない。三月十六日布川事件の判決が出るが、狭山はそれに続いて再審を実現しよう」と基調報告を行った。

 次に、再審えん罪事件当事者からの連帯アピールが行われた。足利事件で再審無罪を勝ちとった菅家利和さんは突然犯人として逮捕され、髪の毛を引っ張られたり、蹴飛ばされたりというひどい取調べ状況を述べ、いかに犯人にでっち上げられたかを怒りを込めて語った。さらに、菅家さんは取り調べた警察官や検察官そして、誤判犯した裁判長が謝っていないことに対して何度も何度も絶対に許さないと厳しく責任を追及した。

 布川事件で再審判決をむかえる杉山卓男さんが「三十数年前に石川さんと会った。その後千葉刑に移された。千葉刑では石川さん、菅家さんそして私たちはえん罪四兄弟と言われた。検察はストーリーをつくり犯人に仕立てる。そのために証拠を隠す、証拠を改ざんする。私たちは百点以上の証拠を開示させた。殺害方法が扼殺か絞殺か、指紋が一致しない、毛髪が一致しない、目撃証言が合わない、これが再審のカギになった。証拠開示が無罪につながる。えん罪を明らかにすることは容易ではない。後もう少しの辛抱だ。がんばろう」と訴えた。

 同事件の桜井卓男さんは取り調べ時間の改ざんやウソ発見器にかけられた時の証拠が水害で流されたとウソを言っていたことが証拠開示で明らかになった。検察・警察は事件がえん罪になっても、罪に問われない。私は菅家さんのように検察に謝れと言わない。代わりに証拠を隠した人を犯罪者として罰するようにと言いたい。国家賠償をして責任を追及する」と語った。

 袴田事件で弟の無実を訴える袴田秀子さんと清水・静岡市民の会代表・楳田民夫さんが袴田巌死刑囚の様子を語った。「逮捕からすでに四十四年になり、死刑が確定してから、精神的に不安定になった。七月二十日以後、面会拒否をしていて、昨日も会えなかった。千葉法相による死刑執行が影響しているのではないかと思う。三者協議が開かれ、九月十三日、十二月六日に五点の衣類の証拠を開示してきた。一年二カ月にわたり味噌樽に漬かっていたとする犯人の衣類は、緑色や血の色も鮮明でともて、検察の主張と合わないものだ。証拠を出せば出すほどおかしいことになっていく。検察は必要な証拠は出すといっている。さらに証拠
開示を求めていく」。

 鎌田慧さんが「狭山の勝利なくして民主主義はない。来年こそ無罪を獲得するために命がけでがんばろう」とまとめた。最後に集会アピールを全員で確認した。

(M)

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]