忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3月27日、東京・代々木公園で開催された"3・27 「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する緊急行動"は、短い準備期間で60団体以上が実行委に結集した。

集会には、朝鮮学校の生徒たちが大挙して参加し、生徒たちの父母、朝鮮学校教員、支援者たち800人以上の結集で成功した。

高校生が登壇して「インターネットの差別書き込みに友人が心を痛めていた。私も悲しみと怒りが湧き上がった。しかし、私は朝鮮人として堂々と生きていく。そして、朝鮮と日本の架け橋になりたいのです。私たちの学ぶ権利を奪わないでください」と訴えた。

デモは、渋谷の街を「朝鮮学校無償化除外反対!」「政府は民族差別やめろ!」と訴え、沿道から大きな注目を集めた。

(後日、詳細な報告を掲載します)

↓当日の集会決議

「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する緊急行動集会決議

○ 朝鮮学校の子ども達の未来をつぶしてはならない! 

全国に10校ある朝鮮高校には、約2000人の子ども達が通っています。この春、首都圏からは、東京朝鮮高級学校(東京北区十条)と神奈川朝鮮高級学校(横浜市神奈川区沢渡)に250人の生徒が入学します。「高校無償化」の本来の目的は、すべての学ぶ意志のある者に対して教育の機会を保障することでした。にもかかわらず、朝鮮高校だけを「高校無償化」から排除する事は、政府による差別・人権侵害です。

○ あたりまえに朝鮮高校を「高校無償化」の対象に!

朝鮮高校では、朝鮮語による授業をはじめとした民族教育が行われています。そして、日本の高校と共通の教科も含めて、カリキュラムが組まれています。それは日本の高校のカリキュラムと比ぺて遜色ないものです。朝鮮高校が、日本の高校課程に準じたものであることは、すでに多くの大学が朝鮮高校卒業生の受験資格を諦めていることからも明らかです朝鮮学校の教育内容と、日本と朝鮮民主主義人民共和国の国交の有無はまったく関係のないことです。合理的な理由もなく「当面除外」することは法の下の平等に反します。4月の「高校無償化」スタート時から、朝鮮高校も対象とすべきです。

○ 差別をやめ、朝鮮学校への公的助成を!

日本政府はこれまで、民族学校を杏定する政策をとってきました。朝鮮学校は、義務教育段階を含めた学校教育を担っているにもかかわらず、法律上「各種学校」とされ、国からの公的な助成は一切ありません。それどころか、学校への寄付金に対する税制上の差別すらあります。これらの差別については、日本弁護士連合会や国連の委員会から、繰り返し是正勧告が出されています。本来なされるべきは、朝鮮学校に対する差別的な処遇を改め日本に暮らすすべての子どもに学ぶ権利を保障することです。

拍手[7回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]