忍者ブログ
アジア連帯講座のBLOGです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンポジウム(8・7)/コンサート・被害者証言(8・8)の 賛同・協力のお願い

 



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

―-東アジアからヤスクニを見る――
「2009平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」
シンポジウム(8・7)/コンサート・被害者証言(8・8)の
賛同・協力について(お願い)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 反ヤスクニキャンドル行動へのご支援に感謝申し上げます。

 2006年夏、小泉首相の8・15靖国参拝に抗して展開した「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」。あれから早3年が経過しました。それ以降、私たちは07年11月ニューヨーク行動から08年5月の9条世界会議-ヤスクニ分科会へ、さらに同年8月「08 ヤスクニ・戦争・貧困」へと韓国・台湾・沖縄・日本(ヤマト)を結んだ東アジア4地域共同行動を継続・発展させてきました。

 靖国神社をめぐる状況は、表面的には06年とは大きく変わったかのように見えます。小泉首相以降政権の座に就いた安倍、福田首相は結局靖国神社に公式参拝することはできませんでした。麻生首相もこの8月靖国神社に参拝することはなさそうです。しかし、4月の靖国神社例大祭に当って麻生首相は「真榊」を奉納しました。このことは、自衛隊を継続的に海外派兵し、派兵恒久法の制定を目論む権力、新たな“戦死者”の発生を「想定」する権力にとって、“靖国”が譲れない課題であり続けていることを示しています。

 過去の戦争の「正当化」、「戦争国家」づくり、戦争への民衆動員の動きと一体のものとしてヤスクニは、この国の権力にとって無くてはならないものとなっています。そうであるが故に、ヤスクニは侵略された側に抜けない棘となって、民衆の中に深く刺さっています。強制され、動員された死が「聖化」され、償われるべき死者が「英霊」とされる、そして、それによって侵略戦争は「聖戦」として美化され、加害国家は免罪される。この構造をどう揺さぶり克服していくか、それは民衆の課題です。東アジアの平和を構築していくためには、歴史認識をめぐる相克を超え、過去を清算することが問われており、そのためにヤスクニ問題の克服が不可欠なのです。

 何よりもヤスクニは東アジア各地域を含めた個々の遺族の故人に対する追悼という、宗教的・文化的自由を蹂躙しており、現代の人権において最も重要な自己決定権を乱暴に侵害しています。また、ヤスクニは植民地支配の歴史認識において、日本が行った精神的・文化的収奪を肯定するものでもあります。

 今年の夏、私たちはこの課題に向き合い、その克服の展望を開いていくために、引き続き「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」を展開します。そして、これを現在計画中の来年のドイツでの反ヤスクニキャンペーンへと発展させていきます。

 つきましては09年反ヤスクニ行動として実施する下記の諸企画を成功させていくために、皆さまのご賛同、ご協力をお願い申し上げます。

以上

(共同代表)今村嗣夫、内田雅敏、金城実、東海林勤、菅原龍憲、鈴木伶子、辻子実、徐 勝、武田隆雄、新倉修、針生一郎、高金素梅、蕭惠美、史亞山、陳政宗、李海学、李碩兌、李熙子


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

1 「2009 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-東アジアからヤスクニを見る」
 (1)シンポジウム
  1)開催日時:8月7日(金) 午後6時30分~8時30分 (開場:午後6時)
  2)開催場所:日本弁護士会館クレオ (地下鉄・霞ヶ関駅下車)
  3)報告者:
    報告1 韓国人靖国神社合祀とその欺瞞
          報告者=南 相九氏(韓国・東北アジア歴史財団研究員)
    報告2 沖縄戦と被害住民の靖国合祀
          報告者=石原 昌家氏(沖縄国際大学教授)
    報告3 日帝の台湾侵略と原住民合祀
          報告者=高金素梅氏(台湾立法院議員)
    報告4 戦死者の追悼-その日独比較
          報告者=シュテファン・ゼーベル氏(東京大学総合文化研究科博士課程)
 (2)コンサート/被害者証言
  1)開催日時:8月8日(土) 午後2時~6時  (開場:午後1時半)
  2)開催場所:上野公園水上音楽堂 (上野駅から徒歩7~8分)
  3)コンサート-飛魚雲豹音楽工団(台湾)、権海孝、ソン・ビョンフィ(韓国)、等
  4)被害者証言-韓国・台湾・沖縄・日本の遺族等
 (3)キャンドル・デモ
  1)実施日時:8月8日(土) 午後7時~ (コンサート終了後)
  2)コース:上野公園→秋葉原(予定)

2 サブ企画「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」映画祭
  1)開催日時:7月25日(土)午後1時~9時 / 26日(日)午後1時~5時
  2)開催場所:港区・勤労福祉会館
  3)上映作品:『靖国』『あんにょん・サヨナラ』『出草之歌』『学徒出陣』等(トークあり)
  4)上映協力券:1,000円(2日間通し券)

3 お願いしたいこと
 (1)企画に賛同いただくこと。
   賛同金:1口1,000円 (何口でも結構です。団体については、可能であれば5口以上の賛同をお願いいたします)
   振込先:(郵便振替口座)00140-3-446364
        口座名義:ヤスクニキャンドル行動 内田雅敏
 (2)参加協力券(1,500円)を購入していただくこと。(当日券2,000円)
 (3)8・7~8企画を準備、成功させるために事務局員、ボランティア・スタッフとしてご協力していただくこと(宣伝、コンサート進行、受付、ゲスト・アテンド、会場設営、会計、通訳、記録、等)。

4 連絡先
(1)住所:新宿区三栄町8 四谷総合法律事務所気付
(2)電話・FAX:03-3355-2841
(3)E-mail: peacecandle2006@yahoo.co.jp
(4)ホームページ:www.peace-candle.org

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
アジア連帯講座
性別:
非公開
自己紹介:
戦争と搾取、貧困と独裁のない世界を民衆の国際連帯でつくりだそう。

Eメールは↓こちら
monsoon@jca.apc.org
アクセス解析

Copyright © [ 虹とモンスーン (だった場所) ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]